MY Cleverlyhome建築実例

20代の共働き・子育て世代が実現した、今も将来も快適な住まい。

S様ご夫妻が住まいづくりのテーマにしたのは、家族のふれあいや子育てのしやすさ、家事ラクを叶える間取りでした。
団らんのメインとなるのは、合わせて20帖を超えるLDK+タタミルーム。
奥さまがキッチンにいてもダイニングの家族と自然に会話が育めるようにオープンな対面キッチンを採用。
ゆとりの広さを確保したリビングでは、お子さまが全力で走り回っています。
共働きのS様邸では、子育てをしながら家事を効率的にこなせるよう、
キッチンに隣接してサニタリーを設け、料理と洗濯を同時進行できる動線を確保したり、
タタミコーナーの収納にお子さまの衣類を入れて、1階で着替えが済むようにするなど、各所に工夫を施しています。
暮らし心地も「断熱性が高いので、20帖あってもエアコン一台で快適です」と奥さま。
ご主人も「のびのび子育てを実現できています」と目を細めます。
20代という若さで実現したのは、今も将来も安心して暮らせる住まいでした。

point.01子育て&ふれあい

のびのび子育てと
家族のふれあいを叶える

point.02家事ラクアイデア

共働き世帯ならではの
家事ラクアイデア!

point.03外観デザイン

デザイン性と利便性を
備えた外観デザイン

お気に入りに登録する

DATA

所在地:兵庫県 / 家族構成:ご夫妻+お子さま
延床面積:132.00㎡(39.92坪) 1階=63.00㎡(19.05坪) 2階=69.00㎡(20.87坪)
商品名:CXシリーズ / 竣工年月:2018年10月 / 工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

point.01子育て&ふれあい

のびのび子育てと
家族のふれあいを叶える

S様邸では、のびのび子育てと家族の自然なふれあいを叶えるために、各所に様々な工夫を施しています。

天井のアクセントクロスが印象的なLDK+タタミコーナーは、合計で20帖を超える広さを確保。お子さまが走り回れる十分な広さを確保しています。
奥さまのご要望で、リビングやダイニングが見渡せる対面キッチンを採用。小さなお子さまにも目が行き届くので安心です。
リビングに隣接して配置したタタミコーナーは、お子さまの遊びやお昼寝の場など、マルチに活用しています。

point.02家事ラクアイデア

共働き世帯ならではの
家事ラクアイデア!

共働きのライフスタイルのS様邸では、時間にも心にもゆとりを生めるよう、間取りに様々な工夫を施しています。

料理と洗濯を同時進行できるように、キッチンに隣接してサニタリーを配置。数歩で行き来できるので、家事の効率化に一役。
サニタリーで洗顔後、タタミコーナーで着替えて、そのまま外出という、お子さまの身支度の流れが1階で済むように動線を工夫しています。
バルコニーの代わりにサンルームを設けたS様邸。「共働きなので、天気や時間を気にせず洗濯物が干せるのはとても便利です」と奥さま。

point.03外観デザイン

デザイン性と利便性を
備えた外観デザイン

タイルの貼り分けやブラインドコートを採用することで、デザイン性と利便性を兼ね備えた外観デザインが完成しました。

連続する切妻のルーフラインとタイルの貼り分けが特徴的な外観デザイン。雨といもタイルの色に近づけるなど、細かな配慮もポイントです。
玄関ポーチを深く取り、内と外を緩やかに分け、通りからの視線を隠す「ブラインドコート」を設置。自転車やベビーカーなどの置き場に便利。
見る位置を変えると、表情はガラリ。外観はブラック一色になり、シックな雰囲気に。

こだわりの逸品

<土間収納>

玄関に設けた土間収納には、ベビーカーやアウトドア用品などを収納。玄関をいつでもスッキリな状態に保ちます。

CLOSE UP

LDKまわりで使うモノをまとめて収納できるAVファニチャーを設置して、いつでもスッキリを実現しています。

オーナー様

兵庫県 S様邸

建設関係に勤めていますが、職人や業者の間でも、クレバリーホームは品質や性能が良い、というのは評判でした。実際に住んでみて本当に大満足ですし、毎日、マイホームライフを満喫しています。また、子どもに対しても、以前は怒ることも多かったのですが、今はそれもまったくありません。

このページの先頭へ
お近くのクレバリーホームクレバリーホーム 資料請求はこちら