MY Cleverlyhome建築実例

理想を全て叶えた空間で 自分時間を満喫できる住まい

好きなテイストを集めた我が家で、自分のペースで暮らしたい。
そんな夢を叶えられたH様。
当初は、ロフト付きの1LDKの平屋を考えていたそうですが、
「ロフトの高さに制限があり空間的に窮屈だったので、2階建てにして高さを設け、
ゲストルームとしても活用できるようにしました」とH様。
くつろぎの中心となるリビングは、吹き抜けを設け明るく開放的な空間に。
また、生活空間を無駄なく効率的に使えるように、
廊下やホールは設けず、水まわりの動線もコンパクトにしました。
さらに、階段下やロフトの壁面などのデッドスペースも収納として活用することで、
いつでもスッキリと片付いた空間を実現しています。
外観は、シックなナチュラルスタイルで統一。
玄関ポーチのラウンドの装飾やタイルの貼り分けなど、
細部にまでこだわったお気に入りのデザインが完成しました。
「この家での生活は、快適そのものです」と目を細めるH様が印象的でした。

point.01オシャレな空間演出

自分の好きなテイストで
インテリアを構成

point.02動線と機能性の工夫

収納や動線の工夫で
使い勝手をアップ

point.03外観デザイン

「大人カワイイ」を
細部へのこだわりで実現

お気に入りに登録する

DATA

所在地:群馬県 / 家族構成:ご本人
延床面積:68.06㎡(20.58坪) 1階=48.19㎡(14.57坪) 2階=19.87㎡(6.01坪) 敷地面積:127.28㎡(38.50坪)
商品名:CXシリーズ / 竣工年月:2019年6月 / 工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

point.01オシャレな空間演出

自分の好きなテイストで
インテリアを構成

「自分が心地よく居られる空間を目指しました」とH様。インテリアのデザイン性はもちろん、居心地の良さや使い勝手にもこだわっています。

リビングは、ロフトともつながる約6mの吹き抜けになっており、明るさと開放感が気持ち良い空間。
木やタイルの素材感が印象的な、カフェスタイルのキッチン。照明も光の反射がキレイなガラスのデザインを採用。
ダイニングテーブルの代わりにカウンターを造作。カウンターの高さは、お気に入りの椅子に座ったとき、使いやすい位置に設定。

point.02動線と機能性の工夫

収納や動線の工夫で
使い勝手をアップ

毎日を快適に暮らすには、使い勝手も大切な要素。H様邸では、間取りの利便性を高めるために、様々な工夫を施しています。

屋根勾配を活かした約10帖のロフトは、床座でくつろぎたいときのためのスペース。ゲストが来たときは、ゲストルームとしても活用できます。
階段下などのデッドスペースも収納として利用することで、スッキリした空間を実現しています。
ゲストが手洗いをする際に、サニタリーなどのプライベートな空間に立ち入らなくてもいいように、洗面化粧台を独立して設置。

point.03外観デザイン

「大人カワイイ」を
細部へのこだわりで実現

外観は、SNSで自分が好きなテイストを探して構成。シックなナチュラルテイストで、大人の落ち着いた可愛さを演出しています。

大らかな片流れのルーフラインが印象的。窓の配置や玄関ポーチのラウンド装飾、タイルの貼り分けなどで「大人カワイイ」を表現。
ロートアイアンと木の素材感がお気に入りの玄関ドア。門柱も同じテイストに合わせることで、統一感を創出しています。
外壁タイルは、ホワイトをベースにブラウンがアクセント。窓はモールディングのイメージで、縦にタイルを貼って装飾しています。

こだわりの逸品

<腰壁>

玄関を入ってすぐリビングが丸見えにならないように、かつ圧迫感が出ないように、間仕切りに腰壁を採用しています。

CLOSE UP

「寝室は寝るだけと割り切り、広さを抑えました」とH様。それにより生まれた適度な“こもり感”が、心地よい睡眠を演出します。

オーナー様

群馬県 H様邸

クレバリーホームを選ぶにあたり決め手になったのは、タイル貼りの外観デザインや自由設計、地域密着の安心感でした。実際に大正解で、予算とのバランスを取りながら、こちらの要望を最大限、間取りに反映してもらえたおかげで、自分の好きが詰まった素敵なマイホームが完成しました。