「円居(まどい)」。
それは、好きな時に
好きなスタイルで集まり、
ふれあえる二世帯住宅。

そのポイントは、人が円く居並ぶ団らんの様子、 「円居(まどい)」という考え方を暮らしの背景に見据えていること。 たとえそれぞれの時間を過ごしていてもお互いの気配が感じられるよう、 親子両世帯が緩やかにつながる"工夫"をプランニングに活かします。

 

別々に暮らしていても、
お互いを感じ合える安心。

親子両世帯がそれぞれのリズムで過ごす普段の暮らしでは、 1階と2階を緩やかに結ぶ「つながり空間」を通じて "円い縦コミュニケーション(縦円居)"が生まれます。 たとえ上下階に分かれて暮らしていても 夜にはお互いのリビングに灯る明かりが見えるなど、 暮らしの気配を感じ合える安心があります。

●1・2階で各々が過ごす

親世帯ゾーンとなる1階のリビング、ダイニング・キッチン、和室に囲まれたスペースに「つながり空間」としてコートヤードをご提案。普段は開放感あふれるオープンスペースとして日常生活を楽しみながら、2階に暮らす子世帯との自然なつながりを創出します。

 

会いたい時には集まり、自由にふれあえる歓び。

週末や記念日など両世帯がいっしょに過ごしたい時には、 「つながり空間」を中心に親世帯のリビングやダイニング、 さらにはキッチン、和室などが回遊動線で結ばれる "円い横コミュニケーション(横円居)"が生まれます。 1階の住空間全体が、揃って食事を楽しんだりできるふれあいの場になります。

コートヤードに面したキッチン正面のワイドな開口部には、自由な往来を促すフルオープンサッシをご提案。クローズして過ごす普段の暮らしにも、心地のいい開放感と豊かな採光をもたらします。

●1階でいっしょに過ごす

「つながり空間」を中心に生まれる親世帯ゾーンの回遊動線が、二世帯の自由なふれあいを創出。一人ひとりがどこにいてもお互いの姿が見通せる大空間は、集まる、語らう、くつろぐなど、思いおもいのひとときを自在に演出してくれます。

 
このページの先頭へ