[安全・安心] 耐久性 | 構造・技術 | ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 構造・技術
  3. [安全・安心] 耐久性

ずっと永く住まうために 耐久性を高める湿気対策

住まいの性能を長く維持するには住まいの湿気対策が欠かせません。クレバリーホームでは、住みはじめたときの高い性能が損なわれることのないように十分な湿気対策を施しています。建物に通気構造を設けるのに加え、湿気の多い場所に使われる部材も湿気に強いものを適切に選び、建てたときの優れた性能を長く維持できる住まいをご提供しています。

建物全体の湿気対策と防腐・防蟻処理で、住まいを永く守る

木造住宅の性能、強度を永く維持するには適切な湿気対策が重要です。クレバリーホームでは、外壁・小屋裏・基礎の建物全体で均一に換気を行う全周換気技術により建物内の湿気を排除します。これにより、壁体内結露による断熱材の性能低下や内部のカビやダニの発生、腐れを防止。さらに、乾式加圧注入による防腐・防蟻処理を施すことで特殊な薬剤を木材内部にまでしっかりと浸透させ、住まいの耐久性を高めます。

内部結露を防ぐ
外壁通気工法

外壁は通気層を設けた二重構造とし、暖まると上昇する空気の性質を利用し換気を行う「外壁通気工法」を採用。壁と壁の間を通る空気が上昇する際に、壁体内にこもる湿気を外へ排出する仕組みです。さらに、軒天からの通気と小屋裏に棟換気を設けることで、壁体内から上がった湿気をスムーズに排出し、建物の内部結露を防ぎます。

軒天からの通気と小屋裏に棟換気を設けることで、壁体内に侵入した湿気を排出するとともに、小屋裏にこもりがちな熱気を合わせて逃がします。

基礎全周で床下の通気性を確保

基礎高を住宅金融支援機構の【フラット35】適合基準400mmを上回る430mmを確保することで換気をスムーズにするとともに、厚さ150mmのベタ基礎仕様により地中からの湿気を防ぎます。さらに基礎と土台の間に通気構造を備えたパッキンを敷き詰めるキソパッキング工法を採用。従来の換気口方式に比べ約1.35倍の換気能力を達成しています。

■ 換気方法の違いによる床下換気イメージ

一般的な床下換気イメージ
一般的な床下換気イメージ
空気の流れにムラがあり、
湿気がこもりやすい。
キソパッキング工法による換気イメージ
キソパッキング工法による換気イメージ
全周でムラなく換気できるため、
床下全体の湿度が安定。

万全の湿気対策をとった
床下構造

床下には湿気に強く耐久性の高い部材を採用。一般的な在来工法で使用される木製束とは異なり、クレバリーホームの採用する鋼製束は、湿気の影響を受けることなく腐朽菌や白蟻にも侵されない優れた耐久性を誇ります。また、床下の断熱材には湿気を吸い込みにくいポリスチレンフォームを採用することで、いつまでも強度と断熱性の高い床下構造を実現しています。

湿気対策で住まいの寿命を延ばす

木造建築の寿命を縮める原因となる腐朽菌の活性化条件は、水分・温度・酸素・養分の4つの要素が揃うことであり、どれか1つでも要素を排除すれば、腐朽菌の繁殖を防ぐことができます。温度・酸素・養分を排除することは困難ですが、適切な湿気対策を行うことで水分(湿気)を管理することはできます。適正な湿度(含水率20%以下)に維持管理することで、長期にわたって木材の腐れや劣化を防ぎ、住まいを建てたときの性能をずっと長く維持することができます。

  • 水分 大気湿度85%以上 木材含水率25%以上
  • 温度 3~45℃※特に30℃前後を好む
  • 酸素
  • 養分 木材の主成分であるセルロース、リグニン等

水分をコントロールすれば木は腐らない

土台や通し柱に品質を
保証するAQ認証材を使用

クレバリーホームでは、土台や通し柱、1階部分の外周管柱など特に耐久性が問われる構造材に最新の防腐・防蟻処理を施した『優良木質建材認定のAQ認証2種』取得製品を使用しています。これは効果の持続性に優れた薬剤を木材の段階で内部まで浸透させたもので、腐朽菌やシロアリの繁殖を防ぎ、長い間安心して暮らしていただけます。

AQ認証

AQ認証とは

(公財)日本住宅・木材技術センターが、木質建材の品質性能などを客観的に評価し、優良な製品を認証するものです。構造材のAQ認証2種は、防腐・防蟻処理の性能と品質の安定性が認められたもので、JASの保存処理性能区分K3に相当。住宅性能表示「劣化の軽減」の最高等級3( 大規模補修を必要とする期間が3世代にわたる耐久性)に対応できます。

乾式加圧注入方式で、
防腐・防蟻性能を長期間維持

従来の防腐・防蟻処理は水溶性の薬剤を使用する湿式処理方式が一般的でしたが、この方法は低コストで大量に処理できる反面、薬剤の効果が低下しやすく、処理後の再乾燥による寸法変化などの問題がありました。
そこでクレバリーホームでは、油溶性薬剤を加圧して木材内部まで浸透させる最新の乾式加圧注入方式を採用。優れた薬剤、優れた処理方法で長期間にわたり安定した防腐・防蟻効果と高い施工精度を実現しています。

従来の防腐・防蟻処理
従来の防腐・防蟻処理湿式加圧注入のため表層から10mm程度しか薬剤が浸透していないベイツガ注入土台。
クレバリーホームの防腐・防蟻処理
クレバリーホーム乾式加圧注入により防腐・防蟻剤が内部まで浸透した構造用集成材。
※実験のため薬剤を赤く着色しています。

安全・安心

  • 耐震性
  • 基礎構造
  • 耐火・防火性
  • 耐久性

快適・健康

  • 気密・断熱性
  • 健康配慮
  • 遮音・防音性

デザイン・設計

  • 外壁タイル
  • 女性目線設計
  • 収納
  • 快適空間
  • 設計
  • 太陽光

クレバリーホーム資料請求・ご相談

さらに詳しい内容が載ったパンフレットをご希望の方は下記のボタンよりお申込みください。

資料請求・ご相談

お近くのクレバリーホーム

クレバリーホームの家をご覧になりたい方は、下記よりお近くのクレバリーホームにどうぞ。

お近くのクレバリーホーム

ページの先頭へ