[安全・安心] 基礎構造 | 構造・技術 | ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 構造・技術
  3. [安全・安心] 基礎構造

強固な住まいの“要”となる徹底した強さの基礎構造

建物を支える基礎がしっかりしていなければ、建物本来の強度を発揮することができません。
クレバリーホームでは、住まいの要となる基礎をベタ基礎とするとともに、床構造にも剛性の高い工法を採用。「プレミアム・ハイブリッド構法」の優れた耐震性能を最大限に発揮させる徹底した強さの基礎構造としています。

ベタ基礎と柱脚金物で住まいを強固に支える

住まいの要となる基礎には、建物の荷重を面で支えるベタ基礎を採用。軟弱地盤にも適した耐震性の高い基礎構造となっています。さらに基礎と躯体との接合部には柱脚金物を採用し、構造躯体と基礎を強固につなぎます。地震など外部からのエネルギーによる引き抜きに対しても高い耐力を実現します。この外からは見えない部分の技術や工夫が、高い耐震性を実現する住まいの土台となっています。

建物全体の重量を面で支えるベタ基礎

クレバリーホームでは、地震などの外部からのエネルギーを受けても歪みにくい、高い剛性のベタ基礎を標準採用しています。面で支えることにより建物荷重を分散して地面に伝えることができるので耐震性に優れ、軟弱地盤にも適した基礎構造と言えます。また、一般的な木造住宅で120mmとされる地盤面からの立ち上がり幅を150mmとすることでより強固に仕上げています。

基礎と土台を強固に接合するマークアンカーボルト
厚さ28mm※の床構造用合板を採用し、床倍率1.2倍を実現
※メーターモジュールの場合

剛性に優れた床構造を採用

地震や台風に強い住まいづくりには床の剛性も重要なポイントです。クレバリーホームは、土台・大引と床構造用合板を一体化させることで剛性を高める根太レス工法の床を採用。地震や台風時に加わる大きな外力に対しても変形が起こりにくい構造を実現しています。また、土台の断面欠損を最小限に抑えられるマークアンカーボルトを採用することで、基礎と土台を強固に接合します。

基礎と躯体を強固につなぐ柱脚金物を採用

クレバリーホームは基礎と躯体をつなぐ金物にも工夫しています。一般的な在来工法で使用されているホールダウン金物に比べ、約2倍の引き抜き耐力がある柱脚金物を採用しています。構造躯体を基礎にしっかりつなぎ留めることで建物全体が一体となり、地震などの外力に耐えることができます。

■ ホールダウン金物と柱脚金物の外力に対する抵抗力

一般的な在来工法(ホールダウン金物)
一般的な在来工法
(ホールダウン金物)外力のかかる方向によって強さが変わる
クレバリーホーム(柱脚金物)
クレバリーホーム
(柱脚金物)どの方向からの外力に対しても
強さを発揮

安全・安心

  • 耐震性
  • 基礎構造
  • 耐火・防火性
  • 耐久性

快適・健康

  • 気密・断熱性
  • 健康配慮
  • 遮音・防音性

デザイン・設計

  • 外壁タイル
  • 女性目線設計
  • 収納
  • 快適空間
  • 設計
  • 太陽光

クレバリーホーム資料請求・ご相談

さらに詳しい内容が載ったパンフレットをご希望の方は下記のボタンよりお申込みください。

資料請求・ご相談

お近くのクレバリーホーム

クレバリーホームの家をご覧になりたい方は、下記よりお近くのクレバリーホームにどうぞ。

お近くのクレバリーホーム

ページの先頭へ