高気密・高断熱で快適な住宅|クレバリーホームの気密・断熱性
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 構造・技術
  3. [快適・健康] 気密・断熱性

未来の基準に適合 一年を通して心地よい住まいへ

夏は涼しく、冬は暖かい。これは現代の住宅にとって欠かすことのできない基本性能です。
クレバリーホームでは、建物の気密・断熱・遮熱性能を高め、2020年に義務化が予定されている省エネ基準に適合した住まいをお届けしています。
高いレベルでの高気密・高断熱・高遮熱仕様で、夏も冬も一年を通して快適な室内環境を維持します。

高い気密・断熱・遮熱仕様で
2020年義務化予定の基準を
クリア

これまでの断熱基準は義務ではなく一つの目安でしたが、改正された省エネ基準では2020年にすべての新築住宅を対象に義務化が予定されています。これまでの外皮(天井・屋根・外壁・床)の断熱性能に加え、住まいで使う電気やガスなどの熱量の消費量(一次エネルギー消費量)という2つの物差しで評価されるようになります。クレバリーホームは、高気密・高断熱・高遮熱仕様で、この未来の基準に先行して適合した住まいをお届けしています。※建上地、ご希望のプランや仕様によってはクリアできない場合もあります。詳しくはお問い合わせください。

外壁をはじめ、建物全体が
高気密・高断熱仕様

クレバリーホームは、建物全体を断熱性の高い構造で包み込む工法を採用。外壁は屋外の熱を伝えにくい外壁通気工法と断熱材・石膏ボードを組み合わせ、熱のこもりやすい小屋裏には断熱材・石膏ボード、床下には断熱性と通気性に優れたポリスチレンフォームをそれぞれ採用。また、室内側にベーパーバリアシートを貼り込み、さらにすき間風が入りやすいコンセントボックスの気密処理を行うなど、きめ細かな配慮で高い気密性・断熱性を達成しています。


断熱材に押出法ポリスチレンフォーム3種65mmを使用。
※外気に触れる部分については100mm。
外壁
断熱材に無機質繊維系断熱材マット100mmを使用。
室内側にベーパーバリアシートを貼り込み。

小屋裏からの熱を
防ぐ天井断熱

小屋裏にこもった熱を室内に伝えないために、天井には厚さ200mmのブローイング断熱材を充填。複雑に入り組んだ小屋裏の空間でも、このブローイング断熱材によってすき間なく充填でき、断熱効果をさらに高めます。

天井(小屋裏)
断熱材に無機質繊維系断熱材ブローイング200mm、または無機質繊維系断熱材マット165mmを使用。

外からの輻射熱を遮断する
透湿・防水・遮熱シートを採用

アルミニウムは高い赤外線反射率を有しており、熱の放射を抑える特徴があります。この特徴を活かした透湿・防水・遮熱シートは夏の輻射熱を反射して涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑え室内を暖かく保ちます。しかも長期間使用しても遮熱性、防水性の劣化が少ない強靭な建材となっています。たとえ真夏に通気層が50℃を超え、湿度が90%に達する厳しい環境になっても、無数に存在する繊維のすき間から湿気を逃がし、通気層内の湿気のこもりを防ぎます。

■ 赤外線反射率・放射率の比

透湿・防水・遮断シートは赤外線を 約15%放射 約85%反射
※デュポン中央研究所における測定結果による

幅射熱

高断熱・高遮熱を実現する
アルゴンガス入り
Low-E複層ガラスを採用

モデルハウスにお出でいただいたお客さまの多くが、まず室内のその暖かさに驚かれます。住まいの断熱性能に大きく影響する窓には、優れた断熱・遮熱性能を有するアルゴンガス入りLow-E複層ガラスを採用。複層ガラスの空気層には空気よりも熱を伝えにくいアルゴンガスを充填し、室外側ガラスの内面にLow-E膜をコーティングすることで、夏は日射熱の流入を防ぎ、冬は暖房熱の流失を防いで冷暖房効率を高めています。熱放射量は一般的な複層ガラスの約半分に軽減。一年中、快適な窓辺空間をつくり出しています。
※改正省エネ基準の地域区分1・2・3地域については樹脂サッシとなります。

■ Low-Eガラスイメージ

夏

冬

室外側ガラスの内面にLow-E膜をコーティング。夏は日射熱を遮り、冬は室内に暖かい空気を閉じ込めます。また、空気と比べアルゴンガスは比重が重く、熱伝導率は空気の2/3。熱を伝えにくく、さらに断熱性が高まります。

■ ガラスの違いによる室温差

1枚ガラス

1枚ガラスの室温差
室内平均温度・・・17℃
人体体感温度(平均)・・・ 14.2℃
人体体感温度(最低) ・・・8.6℃

Low-E複層ガラス

Low-E複層ガラスの室温差
室内平均温度・・・21℃
人体体感温度(平均)・・・ 18.1℃
人体体感温度(最低) ・・・16.4℃

結露を抑える
アルミ樹脂複合サッシ

室内側の窓枠を熱伝導率の低い樹脂製(アルミの1/1000)に、室外側の窓枠に軽くて加工のしやすいアルミを組み合わせたアルミ樹脂複合サッシを採用。それぞれの素材の長所を組み合わせ、外からの熱を遮断し断熱性能をアップします。その高い断熱性能により、サッシ全体で結露の発生を防ぎ、窓枠のしみ、汚れ、カビ、腐食を抑えます。

■ アルミサッシと樹脂複合サッシの違い

アルミサッシ
アルミサッシ
樹脂複合サッシ
樹脂複合サッシ

Low-E複層ガラスに加えサッシの室内側を樹脂製にし、高い断熱効果を発揮。サッシ全体の結露の発生を大幅に軽減します。

夏も冬も温度差の少ない
快適な室内環境

快適な住まいの一つの条件が温度差の少ない室内環境です。クレバリーホームは、高いレベルでの高気密・高断熱・高遮熱仕様によって、季節毎の室内の温度差を少なくし、一年中快適な室内環境を実現しています。また、寒い季節でも建物全体を暖かく保つことができるので、リビングと玄関や浴室、トイレなど部屋毎の室温差が少なく、家じゅうどこにいても快適に過ごすことができます。

■ 部屋毎の室温差イメージ

一般的な在来工法の住宅
一般的な在来工法の住宅
クレバリーホーム
クレバリーホーム

玄関、浴室、トイレなどが冷え込みやすい一般的な在来工法に比べ、部屋毎の室温差が少なく、建物全体が暖かく快適に。

※当社住宅での実測値の一例です。プランや冷暖房状況によって異なります

■同じ熱量で暖めた場合の室温比較

外気温が6℃の時にある一定の熱量で室内を暖めた場合、クレバリーホームは20℃まで暖まりますが、平成4年省エネ基準の場合、11.1℃までしか暖まりません。

※42坪当社試算プランにより算出。実際の室温を保証するものではありません。

年間の冷暖房費を
約60%削減可能

クレバリーホームは、高気密・高断熱・高遮熱仕様によって、冷暖房費を大きく削減することができます。住まいの年間冷暖房費を比較した場合、クレバリーホームの住まいは一般的な在来工法の住宅(平成4年省エネ基準住宅)と比べ、約60%も削減することが可能となります。

■ 年間冷暖房費の比較

※年間冷暖房費の比較は、42坪当社試算プランにより算出しています。空調設備は各居室毎のエアコンとし、冬場の外気温12℃未満、夏場の外気温27℃以上の場合に稼動させた冷暖房費シミュレーションになります。実際の冷暖房費を保証するものではありません。目安としてご参照ください。

ヒートショックを防ぐ
安心の住まい

とくに冬場に起こりやすいといわれるヒートショックは、部屋毎の室温差が大きいことが原因の一つと言われています。クレバリーホームは、高気密・高断熱・高遮熱を標準仕様にすることによって部屋毎の室温差を極力少なくし、冬場に冷えこみやすいトイレや浴室、玄関などでも室温差が少なくなり、ヒートショックを未然に防ぐことができる安心の住まいです。

※ヒートショック=急激な温度変化による血管収縮。

安全・安心

  • 耐震性
  • 基礎構造
  • 耐火・防火性
  • 耐久性

快適・健康

  • 気密・断熱性
  • 健康配慮
  • 遮音・防音性

デザイン・設計

  • 外壁タイル
  • 女性目線設計
  • 収納
  • 快適空間
  • 設計
  • 太陽光

クレバリーホーム資料請求・ご相談

さらに詳しい内容が載ったパンフレットをご希望の方は下記のボタンよりお申込みください。

資料請求・ご相談

お近くのクレバリーホーム

クレバリーホームの家をご覧になりたい方は、下記よりお近くのクレバリーホームにどうぞ。

お近くのクレバリーホーム

ページの先頭へ