家族のきずなを育む間取り お互いに安心できる、ちょうどいい距離感。

shufule(シュフレ)間取り

shufule(シュフレ)間取り

目の届く距離にお互いがいること、それが安心して勉強やお料理に没頭できる秘訣です。近すぎず遠すぎない、家族にとってちょうどいい距離感を育みます。

shufule(シュフレ)間取り

お互いに安心して専念できるように

デスクファニチャー

デスクファニチャー

キッチンから繋がるダイニングにデスクファニチャーを設置し、スタディコーナーとすることで、お子様も奥様もお互いを感じながら勉強やお料理に集中ができるように配慮しました。また、何かとモノが集まりやすいLDKまわりをスッキリと保つためのシステム収納としても抜群の収納力を発揮します。

コミュニケーションボード

コミュニケーションボード

コミュニケーションボード

家族内のメッセージや連絡事項、予定などを貼るスペース。忙しいときでも親子のコミュニケーションがしっかりと取れます。

デスクファニチャーの使い勝手を考えた収納アイテム

キャスター付き収納

キャスター付き収納

キャスターで自由に移動できます。天板にモノが乗せられるので、サイドテーブルとしても便利です。

カウンター上本棚

本棚(W350)

本やデスクまわりの小物が入るシンプルな構成の本棚。横に向けて設置すれば、正面から中が見えません。

吊り戸棚

吊戸棚(耐震ラッチ付)

お道具箱など大きなモノもラクラク収納できる吊り戸棚を、デスクの幅いっぱいに採用しています。塾や習い事で使う道具などの指定席としても最適です。

笑顔と会話が自然にあふれる、間取りのアイデア。

「家族のスムーズなコミュニケーション」というテーマを、動線や間取りの配置に加えると、住まいはもっともっと笑顔や会話があふれます。

アイランドキッチン

ふれ合いを大切にしたキッチン

アイランドキッチン

グルリと回れる動線が魅力のキッチンスタイルは、左右どこからでも出入りできますので、パパもお子様もお料理に参加しやすくなります。「何か手伝う?」そんな言葉が自然に生まれるコミュニケーションスペースです。また、リビング・ダイニングに向かって立つため、奥様が家事で孤立することもありません。

作業性と回遊性

作業性 パーティーやご家族揃っての料理など、同時に複数で作業する場合にも最適です。

回遊性 キッチンのまわりをグルリと回れる回遊性の高さが、家事動線をよりスムーズなものにします。

リビング階段

自然なコミュニケーションを育む

リビング階段

2階への動線は必ずリビングを通るようにすることで、自然と親子のコミュニケーションがとりやすくなります。また、リビングと階段が壁で仕切られていないことから、階を隔てた家族の気配も伝わりやすくなります。家じゅうの温度差が少ない、気密性・断熱性に優れた住まいだからこその間取りです。

タタミコーナー

利便性の高い畳コーナー

畳コーナー

ダイニング・キッチンから目の届く場所に畳コーナーを配置し、お昼寝スペースや遊びスペースにすることで、お子様の様子を見ながら安心して家事に取り組めます。また、雛人形や五月人形を飾る場所としても重宝するのはもちろん、収納を設ければ急な来客時のエスケープクローゼットにもなり大変便利です。

ご主人専用のスペースは「開きすぎず、閉じ過ぎず」が基本。

書斎

ご主人の専用スペースは、スキップフロアを利用して0.5階分をあがるなど少し家族の集まる場所から距離をもたせることで、離れや個室といったプライベートな雰囲気を演出。隣室や階下にいる家族の気配を感じながら趣味のひとときに没頭できます。

書斎

このページの先頭へ
資料請求はこちら
資料請求はこちら