ゆとりと住まいを育む、女性目線の住まい センス良くスマートに、憧れの暮らしを楽しむ住まい。

女性目線のアイデアは、理想の暮らしへのメッセージ。

家族の笑顔とゆとりの暮らしを育む、
女性目線の住まい「shufule(シュフレ)」では、
女性が理想とする暮らしのアイデアに「育む」というキーワードをプラス。
それが「家族のきずなを育む間取り」「ゆとりを育む家事動線」「豊かな空間を育む収納」「快適性を育む最新設備」の4つのコンセプト。
それらをもとに、「shufule(シュフレ)」はカタチ作られています。

「shufule(シュフレ)」が掲げる4つのコンセプト「shufule(シュフレ)」が掲げる4つのコンセプト

  • 家族のきずなを育む間取り

    家族のコミュニケーションや自然な会話を、間取りを通して育みます。

  • ゆとりを育む家事動線

    家事や子育ての慌ただしい日々の中でも、効率的な家事動線でゆとりを育みます。

  • 豊かな空間を育む収納

    適材適所の収納を実現する多彩な収納アイデアで、豊かな空間を育みます。

  • 快適性を育む最新設備

    家族のことはもちろん、環境にも配慮した最新設備で快適性を育みます。

”多彩な視点”をもつ女性ならではのアイデアを間取りに反映しています。”多彩な視点”をもつ女性ならではのアイデアを間取りに反映しています。

「shufule(シュフレ)」では、「家族のきずなを育む間取り」「ゆとりを育む家事動線」
「豊かな空間を育む収納」「快適性を育む最新設備」の4つのコンセプトを間取りに反映しています。
それら1つひとつに、母や妻としてはもちろん1人の女性として、家族みんなのことを一番に考えた住まいのアイデアが息づいています。

  • 家族のきずなを育む間取り

    日常生活の中で、家族どうしが自然に顔を合わせ会話が生まれるよう、動線や間取りに様々な工夫やアイデアを凝らしています。

  • ゆとりを育む家事動線

    2階にサニタリーからクローゼットまでを一直線に結ぶ水まわり動線を配置することで、洗いたての洗濯物を2階へ持って上がったり、洗うからしまうまでの動線の悪さを解消しました。

  • 豊かな空間を育む収納

    季節や場所ごとに使うものを整頓できるように、サイズや使い勝手にこだわっています。また、家事動線との相乗効果を考えた配置もポイントです。

[基本プランの一例]

※プランは自由設計ですので、家族構成やライフスタイルなどにより自由に変更可能です。

家族モデル:夫35歳、妻35歳、長女小4、長男小1の4人家族/延床面積:173.42㎡(52.45坪) 1階床面積:94.00㎡(28.43坪) 2階床面積:79.42㎡(24.02坪)/施工床面積:239.00㎡(72.29坪)内、モノピット+ロフト:28.00㎡(8.47坪)

このページの先頭へ
資料請求はこちら