オープンなキッチンを中心に、家族の笑顔が広がる住まい。。| ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. オープンなキッチンを中心に、家族の笑顔が広がる住まい。。

建築実例

オープンなキッチンを中心に、家族の笑顔が広がる住まい。

岡山県 T様邸

ダイニングとつながるキッチンは、オープンスタイルで開放的な空間。南側の開口部から陽射しが降り注ぎ、天井にもデザイン性を求めたキッチンは、奥さまもお気に入りの場所だそうです。
ブラック一色に統一したことで、閑静な田園風景にひと際の存在感を見せるT様邸の外観デザイン。「2人が好きな色を選びました」とご主人。陽射しの陰影が建物に奥行きを創出します。

コーディネートを統一してウッディ&シンプルモダンを演出。

テラスに面した大きな開口部から光が射し込む開放的なキッチンが、T様邸の間取りの中心。「子ども達がどこにいても目が行き届くようにオープンスタイルにしました。高級感のあるデザインも気に入っています」と奥さま。さらに、背面の収納にも一工夫。「生活感を出したくなかったので、引き戸を設けて隠す収納にしました」と女性ならではの視点を採り入れることで、いつでもスッキリと片付いた空間を実現しています。さらに水まわりにも、共働きで忙しい奥さまのために、回遊性の高い動線を確保。サニタリーにご家族の着替えをしまう棚を設け、着替えの度に2階に行く手間を省きました。家事ラクなアイデアをプラスしたことで「一度に色々な家事ができるので、朝の支度がスムーズになりました」と満足そう。

ご主人がこだわったというリビングは、ウッディなアクセントウォールとスリットの4連の窓が印象的。お子さま達が歳頃になっても「いってきます」「ただいま」など自然な会話ができるよう、リビング階段も設けています。また、南側に配した広々としたテラスは、ご夫妻がどうしても採用したかったというこだわりの空間。隣接するキッチンやリビングに光や風を届けるだけでなく、お子さま達の遊び場やバーベキューなどを楽しむふれあいの場としても重宝されているそう。タイル敷きなので、掃除もラクラクだとか。

2階は主寝室と子供部屋で構成されています。中でも主寝室は、壁紙でアクセントを付けることで個性を創出。「プライベートな空間にもデザイン性を求めたかったんです」とご主人。

さらに、外観にもこだわったというT様邸。数あるタイルの中からご夫妻が好きなブラックのスクエアタイルを選択。一色でまとめることで、引き締まった佇まいを醸し出しています。

「以前の住まいのような暑さや寒さのストレスから解放されたので、本当に快適ですね。子ども達も周囲を気にすることなくのびのびと遊んでいます。これからも安心して暮らしていけそうです」とお話しくださったご夫妻の笑顔が印象的でした。

DATA

所在地:岡山県
家族構成:ご夫妻+お子さま2人
延床面積:107.64㎡(32.56坪)
1階=54.65㎡(16.53坪)
2階=52.99㎡(16.03坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成26年9月
工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

こだわりの逸品

<スタディコーナー>
ダイニングの一角にはカウンターを設けてマルチなスペースを確保。現在はパソコンや奥さまの家事コーナーとして、将来的にはお子さま達のスタディコーナーとしても活用できます。

オーナー様

子どもの成長や2人目の誕生を機に、住まいづくりをスタートしました。様々なハウスメーカーをまわる中でクレバリーホームに決めたのは、外壁タイルや住宅性能、コスト、スタッフの人柄、すべてにおいて自分たちに合っていると感じたからです。設計力や提案力もあり、安心して住まいづくりを任せることができました。

ご夫妻のセンスを感じさせるデザイン性の高い空間の数々。

T様邸の魅力は高いデザイン性にあります。色数を減らし統一感を出すことでモダンなテイストを演出しています。「理想の空間を創るのに100冊以上の雑誌を読みました」と奥さまのお言葉通り、センスを感じさせる素敵な空間が広がります。

南面の開口部から光が射し込む開放的なキッチン。お庭で遊ぶお子さま達にもしっかりと目が行き届きます。
コーディネートを統一することで、シンプルかつ高級感のあるダイニング・キッチンを演出しています。
4連の窓を配し、射し込む光もデザインに採り入れたリビング。ウッディなテイストを象徴するアクセントウォールが印象的。折り上げ天井やダウンライトで空間をスッキリ見せる工夫も施しています。
「トイレにも統一感を持たせたいと思っていました」とご主人。リビングなどと同じようにウッディなテイストを採用。さらに、採光・通風、収納もしっかりとこだわっています。
主寝室の壁には、白木調のクロスや黒のアクセントウォールなどをあしらい、個性的な空間を演出しています。
表情がシンプルになりがちな北側も、窓の配置を工夫することで個性的な雰囲気を演出しています。窓枠や瓦もブラックにするなど、細部にまで統一感を持たせています。

家事ラクや家族のふれあいを育むアイデアを採り入れた間取り。

T様邸では、日々の暮らしやすさはもちろん、家族のふれあいにもテーマを置き、空間を構成しています。中でも間取りの中心としているのがキッチンを中心にした水まわり。もちろん、その他にもポイントとなる各所に様々な工夫を施しています。

4枚の引き戸で簡単に目隠しできる背面収納。中を黒にすることで、空間のアクセントにも。収納力もたっぷりで、食器、家電、食料品のストック、書類と様々なモノがしまえます。
キッチンからぐるりと回れる動線上には、サニタリーとバスルームを配置。サニタリーに着替えをしまう棚を設けることで、朝や入浴時の着替えも2階まで行かずに完結できて便利です。
お子さまの自転車やアウトドア用品をしまえるように土間収納を配置。玄関収納とスリッパ収納も設けているので、いつでもスッキリと片付く空間となっています。
子供部屋はお子さま達が小さいうちはプレイルームとして活用。お子さま達ものびのびと遊べて嬉しそう。また、外出時や雨天の場合は、室内物干し場としても活躍します。
南側の陽当たりの良い特等席には、テラスを配置しています。お子さま達の遊び場としてはもちろん、バーベキューなどを楽しむアウトドアリビングとして大活躍だそうです。

ページの先頭へ