暮らしの中心にデザインが映える、ご夫妻のこだわりが詰まった住まい。| ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 暮らしの中心にデザインが映える、ご夫妻のこだわりが詰まった住まい。

建築実例

暮らしの中心にデザインが映える、ご夫妻のこだわりが詰まった住まい。

三重県 M様邸

M様邸のリビングは、梁やクロス、床材のウッディな雰囲気や間接照明による光の演出が魅力。隣接するタタミコーナーは、お子さまたちの遊び場兼お昼寝の場として活用しています。
CXシリーズの外観デザインを参考にしたというM様邸の外観。片流れのルーフラインとスクエアの組み合わせがモダンさを、三本の窓のラインが個性を演出します。

自分たちの感性に合うものを間取りに採り入れて

天井には3本の梁が走り、テレビの後ろや窓まわりのアクセントクロスが個性を引き立たせる下げ床のリビングは、M様邸を象徴するデザイン性の高い空間。そんな素敵なマイホームを実現されたのはM様ご家族です。3人目のお子さまの誕生がきっかけで住まいづくりをスタートしたご夫妻は、クレバリーホームのモデルハウスを訪れた際、外壁タイル貼りの外観デザインや自由設計ならではの間取りを気に入られ、住まいづくりのパートナーに選ばれます。

ご夫妻は住まいづくりに際して、3人のお子さまの子育てをしながら、スムーズな家事を実現するアイデアを備えること。さらに、実用性の一辺倒でなく、デザイン性を意識した空間演出を施すことをテーマに挙げました。

そんなM様邸が実現したのは、デザイン性と利便性をバランスよく採り入れた間取りです。中でもデザイン性の高いリビングや、カフェテイストのコーディネートが印象的なダイニング・キッチンはご夫妻のお気に入りです。

また、キッチンからサニタリーへ繋がる動線や、ゆとりの広さを確保したパントリー、2階ホールに設けた室内物干しスペース、メインの玄関をキレイに保つファミリー玄関など、奥さまの家事の負担を軽減するアイデアも数多く採用しています。

さらに、キッチンからリビング・ダイニングやタタミコーナーを見渡せるレイアウトをはじめ、リビング階段やバーベキューを楽しむテラス、引き戸で自由に間仕切り出来る子供部屋など、「子どもたちの成長をさりげなく見守りながら、のびのびと育てたい」というご夫妻のお言葉通りの間取りも魅力です。

その他にも、5人家族のモノをスッキリと片付けるための適材適所の収納もポイント。「使うモノや将来増えるモノを想定して、大きさや配置を決めていきました」と奥さま。

毎日の暮らし心地を高める間取りにデザイン性をプラスしたM様邸。魅力あふれる素敵な住まいを実現しました。

DATA

所在地:三重県
家族構成:ご夫妻+お子さま3人
延床面積:158.75㎡(48.02坪)
1階=85.50㎡(25.86坪)
2階=73.25㎡(22.16坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成27年6月
工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

こだわりの逸品

<ウォールデコ>
真っ白な壁面をキャンバスに見立てて、ウォールステッカーでデコレーション。「種類も豊富で手軽に貼れるのがいいですね」と奥さまもニッコリ。

オーナー様

ずっと憧れていた念願のマイホームが叶い、気兼ねなく親戚や友達を呼べるようになりました。ゲストからの評判も上々で、休日にはホームパーティーやバーベキューも楽しんでいます。スタッフの人柄も良いし、住み心地も使い勝手も快適。本当にクレバリーホームを選んで良かったと思います。

ご夫妻が創り上げた、デザインが映える生活空間の数々。

M様ご夫妻は住まいづくりにあたり、総合住宅展示場で様々なモデルハウスを見て回りながら自分たちの感性に合う空間構成をピックアップし、理想のイメージを膨らませていきました。そんなご夫妻のこだわりが住まいのあちこちに表現されています。

「周りが囲われているので落ち着きます」と、ご主人こだわりの床を30センチ下げたリビング。壁紙や床材の素材感が、さらなるくつろぎ感を演出します。
カフェをイメージしたダイニング・キッチンは、キッチンカウンターや建具、床材、家具、照明をウッディな雰囲気に統一。アクセントクロスが空間を引き締めます。
アクセントクロスが象徴的なトイレ。お客様用に鏡付きの手洗いや、掃除道具などを入れる壁埋め込みの収納を配して充実の空間に仕上がりました。
3本の窓のラインが印象的な主寝室。ご夫妻の遊び心を感じる空間です。奥にはウォークインクローゼットを配しています。
玄関正面からみたM様邸の外観は、まったく異なる表情を見せます。3本のラインやスリット窓の配置、ポーチの格子などで個性的なファサードを演出しています。

奥さまの家事の負担を軽減するアイデアも数多く採用。

毎日の家事に加え、3人のお子さまの子育ても頑張る奥さまの家事の負担を少しでも軽減できるように、M様邸では動線や間取りに様々な家事ラクのアイデアを採用しています。「特に水まわりは本当に使いやすいですね」と奥さまも大満足のご様子です。

ファミリー玄関は、奥さまが当初から希望していたアイデア。家族の靴や外で使うモノを置いておいても、扉で目隠しできるので来客時も便利です。
キッチンから最短距離でサニタリーへ行けるように配置を工夫しています。リビング側からも出入りできるので回遊性も高く使い勝手も良いそうです。
3人のお子さまたちが成長するにつれ食べる量が増えるのを見越して、パントリーは広々とした空間を確保。L字型に可動棚を配してみやすさと取り出しやすさにも配慮しています。
雨天時やお出かけの際の室内物干しスペースとして活用している2階ホール。バルコニーにも直結しているので、干したり取り込んだりがスムーズです。

家族のふれあいの創出やお子さまの成長を自然に見守れる間取り。

M様邸では、家族がふれあいながらいつまでも仲良く暮らせるように、また、ご夫妻がお子さまたちの成長を自然に見守れるように間取りを工夫しています。お子さまたちも、新しい住まいでの暮らしをのびのびと心から楽しまれているそうです。

玄関脇に配した独立の和室は、お子さまたちの成長を祝うお雛様や五月人形を飾る場所として重宝しています。来客時はゲストルームとして活用しています。
女の子のお部屋らしく、天井のクロスをピンクにするなど、カワイイ雰囲気に。お子さまもとても気に入られているそうです。
兄弟の部屋は、2つのドアを設けて中央に引き戸を設置。個室が必要になったらすぐに間仕切りすることができる可変性が魅力です。
リビングのフルオープンのサッシを開けると、テラスが広がります。ここでは、バーベキューなどを楽しまれているそうです。

ページの先頭へ