陽当たりの良い空間に、家族の「嬉しい」を詰め込んだ住まい。| ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 陽当たりの良い空間に、家族の「嬉しい」を詰め込んだ住まい。

建築実例

陽当たりの良い空間に、家族の「嬉しい」を詰め込んだ住まい。

山口県 Y様邸

ナチュラルテイストでまとめたリビング・ダイニング・キッチンは陽当たり抜群。のびのびと遊ぶお子さまたちの姿に、ご夫妻の笑顔も自然とあふれます。
「メンテナンス性とデザイン性に優れているのが魅力です」とご主人。2色に貼り分けた総タイル貼りの外観デザインは、落ち着きと個性を創出しています。

奥さまの意見を反映して使いやすい間取りに。

明るい陽射しが射し込む広々としたリビング・ダイニングに、お子さまたちの元気な声が響くY様邸。お子さまたちの成長により以前のお住まいが手狭になったことが、住まいづくりのきっかけだったそうです。「モデルハウスに立ち寄った際、以前の住まいの家賃と新築した場合の月々の支払いを比べた時、ほとんど変わらず建てられることが分かり新築を決心しました」とのことです。

そんなY様ご家族が住まいづくりのテーマにしたのは、“陽当たり抜群で家事や子育てをしやすい間取り・動線であること”“子どもたちが走り回れるオープンな空間であること”の2つです。「家に一番長くいる妻の家事や子育てが少しでもラクになるように、間取りには妻の意見を多く採り入れました」とご主人。

実現したのは、1階はリビング・ダイニング・キッチンと和室をL型に配置。和室を開け放てば、お子さまたちが十分走り回れる24帖の大空間が出現します。奥さまのこだわりはキッチン。すべてを見わたせるようにと、あえて吊戸棚を設けずオープンに。また、家族が自然に集まれるように、ダイニングの壁いっぱいにカウンターを配して、ご主人の読書スペースやお子さまたちのスタディコーナーとしているのもポイントです。

2階に上がると、バルコニーにつながるホールが広がります。「洗濯物をたたんだり、室内物干しスペースとして使えるので、空間にゆとりを持たせて正解でした」と奥さま。さらに、シューズクロークをはじめ、パントリーやウォークインクローゼットなど、計画的に収納を配することで片付けやすい間取りを実現しています。

その他「色や種類が多く、組み合わせを選ぶのに時間をかけました」と、2色に貼り分けた外壁総タイル貼りの外観デザインもご夫妻のお気に入りです。

ご家族の「嬉しい」を詰め込んだ、こだわり満載のマイホーム。ご夫妻も大満足の仕上がりになりました。

DATA

所在地:山口県
家族構成:ご夫妻+お子さま2人
延床面積:120.07㎡(36.31坪)
1階=63.76㎡(19.28坪)
2階=56.31㎡(17.03坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成27年8月
工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

こだわりの逸品

<アール仕上げ>
壁の角をアールで仕上げることで、空間に柔らかな雰囲気を演出しています。また、万が一お子さまたちがぶつかった時の怪我防止としても一役です。

オーナー様

不動産屋からクレバリーホームを勧めらました。自由設計や外壁タイル、高気密・高断熱、耐震性について説明を聞くうちにどんどん魅かれていきました。スタッフも親身なってくれたので、要望も伝えやすかったですし話し合いながら進めることができました。のびのびと子ども達が過ごせる理想通りの住まいになりました。

家族のふれあいとのびのび子育てを実現するアイデア。

家族のコミュニケーションが自然にとれたり、お子さまたちがのびのびと遊べたり。そんな理想的な間取りを実現するために、Y様邸では様々なアイデアを採り入れています。「住み心地は快適ですし、使い勝手も良いですね」とご夫妻もニッコリ。

南面の開口部から明るい陽射しが射し込むリビング。お子さまたちが元気に走り回っても十分な広さを確保。Y様邸の住まいづくりのテーマにピッタリの空間が広がります。
奥さまのこだわりが詰まったキッチン。家族がいつでも顔を合わせることで自然と会話も増え、「お料理も楽しくできます」と奥さまも満足そうです。
ご主人やお子さまたちが、読書や勉強に集中できるようにと設けられたスタディコーナー。キッチンにいる奥さまからも目が届くので安心です。
リビングに隣接する和室は、縁ありの畳や床の間など和の雰囲気を感じさせる造りに。客間としてはもちろん、お子さまたちの遊び場としても活用しています。
子供部屋は、お子さま達が気兼ねなく遊べるプレイルームとして活用しています。「急な来客時もおもちゃを出しっぱなしでもいいので安心です」と奥さま。

毎日の家事をスムーズにするために採用したこだわりポイント。

2人のお子さまの子育てをしながら、毎日の家事を効率的にこなせるように、Y様邸で家事ラクをテーマにした女性目線のアイデアを数多く採り入れています。「水まわりの動線や配置、使い勝手にこだわりました」と奥さま。

サッと拭くだけでお手入れ簡単なIHクッキングヒーターや食品ストック用のパントリーなど、奥さまの使い勝手を一番に考えたキッチンを実現しています。
キッチンに隣接してサニタリーを設けることで、スムーズな家事動線を実現。「水まわりを一ヶ所に集めたので便利です」と奥さまも納得の使い心地です。
お子さまたちをお風呂に入れやすいように、ゆとりの広さを確保したサニタリー。洗面化粧台や収納の収まりをスッキリと見せる工夫もポイントです。
バルコニーに続くホールを広めにとることで、室内物干しスペースとしています。採り込んだ洗濯物もここでたためるのでとても重宝しているそうです。

収納をたっぷりと設けることでスッキリと片付く間取りを実現。

「当初から、モノをなるべく生活空間に出さずにスッキリさせたいと考えていました」と奥さまのお言葉通り、Y様邸ではリビング・ダイニング・キッチンをはじめ、玄関や各居室など用途に合わせた様々な収納を配置しています。

玄関に設けたシューズクロークは、ご家族の靴以外にもタイヤやアウトドア用品などを収納。メインの玄関をスッキリと見せるアイデアです。
ダークブラウンでシックにまとめた主寝室。「ここは落ち着いた雰囲気にしたかったんです」とご主人。壁面収納は布団などが入る容量を確保しています。
主寝室に配した大容量のウォークインクローゼット。あらかじめ持ち込みのタンスのサイズを測ることでスッキリと収納しています。

ページの先頭へ