ファミリークローゼットなど女性目線の収納アイデアが光る間取り
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 女性目線のアイデアが光る、家事ラク・子育ての家。

建築実例

充実した収納! 子供の成長を見据えた間取り。

ファミリークローゼットなど女性目線の収納アイデアが光る間取り

新潟県 S様邸

落ち着きのある雰囲気が印象的な主寝室。奥にはご夫妻の衣類をまとめて収納できるウォークインクローゼットを配置しています。
ホワイトで統一した総タイル貼りの外観デザイン。片流れのルーフラインと上下階の窓の配置が、個性的なファサードを印象付けます。

階段を中心にした回遊性の高い間取り。ウォークインクローゼットなどの充実した収納。「シュフレ」のモデルハウスとの出会いが決め手に。

共働きのライフスタイルで毎日の家事をこなしながら、のびのびと子育てができるように、家事ラク・子育てを家づくりのテーマに掲げたS様ご家族。モデルハウスを巡る中で出会ったクレバリーホームの女性目線の住まい「シュフレ」の間取りや動線のアイデアを気に入り、クレバリーホームでマイホームを実現することに。

完成したS様邸の間取りの中心となるのは、化粧梁の演出が印象的なリビング。ダイニングと一体化することで、ゆとりの広さを創出しています。充実のキッチンまわりもポイントで、キッチンは、奥様憧れのアイランドキッチンを採用。正面には、お子さまたちの勉強の場となるスタディコーナーも設けています。

また、お子さまが小さいうちは、お昼寝や遊び場としても重宝するタタミコーナーも隣接。2階に行かなくても家族みんなが1階で着替えられるように、壁面収納をファミリークローゼットとして活用しているのもポイントです。さらに、S様邸では1階の動線にもこだわりがあります。間取りの中心に階段を配置することで、回遊性の高い動線を確保。リビングに向かう動線とバックヤードの動線が生まれたことで、来客時でもリビングを通らずに上下階を行き来できたり、入浴したりすることが可能に。また、サニタリーとサンルームを直線でつなぐことで、スムーズな洗濯動線を実現。女性目線のアイデアが光ります。

2階はプライベートな空間として、ご夫妻の主寝室をはじめ、将来、子供部屋となる2つの居室を配置。現在は、子供部屋をトレーニングルームとプレイルームとして活用しています。

その他にも、家族が増えるに従い多くなるモノをまとめてしまえるように、玄関、リビング・ダイニング、キッチンまわり、主寝室のウォークインクローゼット、常設の階段を設けたロフト収納など、様々な収納を配しています。将来的な家族の成長も見据えた家づくりを実現したS様邸。素敵なマイホームが完成しました。

設計のポイント

POINT 01:ファミリークローゼット

家族みんなが2階に行かなくても1階で着替えが可能。

POINT 02:ウォークインクローゼットなど収納多数

家族の成長を見据えた大容量の収納計画。

POINT 03:子供の成長を見据えた間取り

2人の子供の成長というライフスタイルを考えた間取り構成。

DATA

所在地:新潟県
家族構成:ご夫妻+お子さま2人
延床面積:125.75㎡(38.03坪)
1階=70.50㎡(21.32坪)
2階=55.25㎡(16.71坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成26年4月
工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

こだわりの逸品

<PCコーナー>
ダイニングの一角にご夫妻共用のPCコーナーを設けています。「ちょっとした調べものをしたい時に便利です」とご主人もニッコリ。

オーナー様

予算内で出来ることが多く、スタッフの提案力もあり安心して家づくりを進めることができました。また、夏は涼しく、冬は暖かいので改めて断熱性能の高さを実感しています。毎日、とても快適なので、休日などは自宅で過ごす時間が増えました。家事動線の便利さや子育てのしやすさも実感しています。

今の使い勝手と将来的な家族の成長を見据えた間取り構成。

S様邸では。将来的にお子さまが成長した時のライフスタイルをイメージして、リビング・ダイニング・キッチンを中心に、様々な女性目線のアイデアや動線を間取りに反映しています。「実際に暮らしてみると、改めて利便性の高さを実感します」と奥様。

化粧梁、床材、家具のカラーを合わせることで、統一感のある落ち着いたリビングを実現。南向きの窓からはやさしい光が射し込み、開放的な雰囲気を演出しています。
キッチンの向かいには、スタディコーナーを配置。奥様もお子さまたちも、お互いに視線を感じながら自分の時間に没頭できます。
サニタリーから直線でつながるサンルームは、一年を通して天候に左右されることなく洗濯物が干せるスペース。「動線も良く便利です」と奥様。
将来的に子供部屋となる一室は、現在はご主人専用のトレーニングルームとして活用しています。
2階の掃除や朝の身支度をする際に便利なように、ホールに洗面化粧台を配置。朝の洗面所渋滞の解消にも一役です。

家族構成の変化とともに増えていくモノを考慮した収納計画。

家族が増えるに従い多くなるモノをまとめてしまえるように、玄関、リビング・ダイニング、キッチンまわり、主寝室のウォークインクローゼット、常設の階段を設けた小屋裏収納など、大小様々な収納を配置。将来を見据えた収納計画が光ります。

メインの玄関とは別にファミリー玄関を設けたS様邸。ご家族の靴や雨具の他に、お子さまの自転車なども収納できる広さを確保しています。
キッチンに隣接して約3帖ほどのタタミコーナーを配置。壁面収納には、2階に行かなくてもご家族の着替えがすむように、衣類をしまっています。
小屋裏を活用したロフト収納。使用頻度の低いモノは、まとめてここに収納しています。常設の階段なので荷物の出し入れも便利です。

遊び心を感じさせるデザイン性あふれるコーディネート。

バス、トイレ、サニタリーといった水まわりには、アクセントとしてウッディなテイストを採用しています。デザイン性に加え温かみのある雰囲気を創出します。S様ご夫妻の遊び心がうかがえるコーディネートです。

アクセントクロスが印象的なトイレ。省スペースで収納力をアップするため、壁埋め込みのトイレ収納を採用しています。
ウッディな雰囲気とアクセントクロスで、個性的な空間を創出している洗面脱衣所。タオルや着替えをしまうサニタリー収納も配置しています。
ウッディな雰囲気が印象的なバスルーム。癒しのリラックスタイムをさらに快適なものにします。

ページの先頭へ