両世帯が自然に集う和モダンテイストの二世帯住宅。| ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 両世帯が自然に集う和モダンテイストの二世帯住宅。

建築実例

両世帯が自然に集う和モダンテイストの二世帯住宅。

三重県 F様邸

「リビング・ダイニング・キッチンは、明るく広々とした空間にしたかった」というご主人のお言葉通りの空間が広がっています。天井に配したダークブラウンのアクセントが個性を演出しています。
安定感のある堂々とした雰囲気と2色に貼り分けた総タイル貼りが印象的なF様邸の外観デザイン。外観のテイストに合わせた外構にもセンスを感じます。

両親の住み心地と家族のふれあいがテーマ

二世帯住宅をお考えだったF様ご家族。建築関係の会社にお勤めのご主人が、ご友人からの紹介でクレバリーホームと出会います。

家づくりのテーマに掲げたのは、ご両親の住み心地を大切にしながら、両世帯が自然にふれあえる和モダンテイストの二世帯住宅。1階は共有スペースとなるリビング・ダイニング・キッチンや水まわりをはじめ、和室と引き戸でつながるご両親の寝室を配置しています。また、両世帯のふれあいを育むアイデアとして、奥様の家事をご家族が気軽に手伝えるようキッチンをオープンにしたり、キッチンの裏手にお母様のホビースペースを設けているのもポイントです。

その他、1階の全室を引き戸にしているのはもちろん、ご両親が立ったり座ったりしやすいようにダイニングを小上がりのタタミにしたり、ホビースペースからご両親の寝室へ続く動線上に手すりを設けたり、トイレの使い勝手を考えて配置や間口の幅にこだわるなど、ご両親が安心して快適に過ごせるよう採り入れた様々な工夫も印象的です。

2階には主寝室、子供部屋、納戸などを配置しています。主寝室には「プライベートも大切にしたい」とご主人の書斎を配置。子供部屋は、将来、間仕切りを設けて2部屋にできるように、可変性のある2ドア1ルームを採用。現在は、セカンドリビング兼プレイルームとして活用しています。 

さらに、二世帯住宅でもスッキリと片付いた空間を保てるように、リビング・ダイニング・キッチンに収納を7ヶ所設けたり、階段下収納やウォークインクローゼット、納戸なども採用しています。

最後にご両親に住み心地を聞いてみると、「こんな素敵な家に家族で住めるなんて幸せです。孫と過ごす時間も楽しいですし、バリアフリーのおかげで家の中も安心して移動できます。少しエアコンを入れれば快適な温度になりますし、本当に快適に暮らしています」と大満足のご様子でした。

DATA

所在地:三重県
家族構成:ご夫妻+お子さま+ご両親
延床面積:156.00㎡ (47.18坪)
1階=95.00㎡(28.73坪)
2階=61.00㎡(18.45坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成25年10月
工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

こだわりの逸品

<玄関ホール>
ご家族やゲストを迎える玄関ホールは、落ち着いた和の佇まい。正面の壁にアクセントを付けることで印象的な空間を演出しています。

オーナー様

両親の建て替えの時期と私たちの住み替えの時期が重なったのが家づくりのきっかけでした。クレバリーホームは、構造はもちろん、気密・断熱性能、外壁タイルなど、トータルで考えたときにコストパフォーマンスが本当に良かったです。スタッフや職人さんの質も高く、大満足の仕上がりになりました。

ご両親が安心して暮らせるように採り入れたアイデアの数々。

中心になって家づくりを進められたご主人の意向で、ご両親が末永く安心して快適に暮らせるように、手すりの設置や段差の解消、動線計画、トイレの配置や広さなど、様々なバリアフリーのアイデアを採り入れています。

キッチンとつながるダイニングは、ご両親が立ったり座ったりしやすいよう小上がりのタタミスタイルに。「自然と家族がここに集まるんです」と奥様もニッコリ。
キッチンの横に配置されたお母様のホビースペースと自室をラクに行き来できるように直線の動線で結んでいます。「手すりもあるので安心です」とお母様も満足そう。
ご両親の寝室の近くにトイレを配置。手すりはもちろん、間口の幅にもこだわるなど、安心して暮らせるように配慮しています。
ご両親がスムーズに玄関先までアプローチできるように、手すり付きのスロープを設けています。玄関ドアも引き戸タイプを採用するなど配慮が光ります。

二世帯住宅でもスッキリとした空間で暮らせるよう配慮した収納計画。

二世帯住宅は、親世帯と子世帯、合わせて二世帯分のモノが集まってくることになります。そこでF様邸では、いつでもスッキリと片付いた空間をキープできるように、場所ごとにサイズや用途の異なる収納を配置しています。

サニタリーに近い廊下の壁面を活用して、収納を設けています。家族の着替えやタオルなどが収納されています。
リビングに配置した収納は、急な来客時の際のモノの緊急避難場所になっています。「とりあえず、サッと片づけられるのでとっても便利です」と奥様。
歯ブラシや整髪料、髭剃りなど、細々としたモノが集まりやすいサニタリーには、収納力抜群の洗面化粧台を採用しています。
主寝室には、ウォークインクローゼットを採用しています。ご夫妻の衣類はもちろん、タンスなどの大型家具も入るよう設計されています。

プライベートタイムもふれあいの時間も充実させる間取り。

F様邸では、それぞれのプライベートタイムやふれあいの時間も充実させるために、間取りに様々な工夫を凝らしています。「現在の生活はもちろんですが、将来的な事も考えて空間に可変性を持たせたり、スタディコーナーやホビースペースなどを創ったりしています」とご主人。

独立の和室は、引き戸で隣のご両親の寝室へと繋がっています。ゲストルームとしてはもちろん、一続きの広々とした空間としても利用することができます。
キッチンの脇には、パッチワークが趣味というお母様のホビースペースを配置。開口部からは光が射し込みます。また、モノの出し入れがしやすいように、すぐ脇に収納を設けています。
ダイニングには、お子さまのスタディコーナーを配置。「リビング学習が良いと聞いたので設置しました。キッチンのすぐ脇なので目も行き届いて安心です」と奥様。
ご夫妻の主寝室は、落ち着いた雰囲気に仕上がりました。奥にはご主人の書斎とウォークインクローゼットを配置しています。
主寝室の奥には、ご主人が仕事をしたり、趣味のパソコンや音楽を楽しんだりするための書斎が設けられています。
将来的に2部屋に仕切ることも可能な2ドア1ルームの子供部屋。現在は、セカンドリビング兼プレイルームとして活用しています。

ページの先頭へ