家事室の間取り|家事室を中心にサニタリー・洗面脱衣所を配置
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 使い勝手とデザイン性に富んだ、笑顔あふれるマイホーム

建築実例

家事室を中心に、洗面脱衣所、サニタリーなどを配置

使い勝手とデザイン性に富んだ、笑顔あふれるマイホーム

岐阜県 M様邸

キッチンからリビング・ダイニングが見わたせるようにと、間仕切りのない空間としました。お子さまものびのびと歩きまわれるゆとりの広さが魅力。お子さまも嬉しそうです。
白一色でシンプルモダンに仕上げた外観デザイン。総タイル貼りの外壁と陶器瓦が、重厚感と高級館を醸し出します。

新しい家族を迎え入れるために、こだわりを詰め込みました

お子さまの誕生に合わせて、子育てのしやすさと家事のしやすさをテーマにしながら、デザイン性にもこだわったマイホームを考え始めたというM様ご夫妻。そんなM様邸が実現されたのは、一階はお子さまを見守りながら、のびのびと子育てができるオープンな空間に、効率的な家事を実現するアイデアを採り入れたプランです。

LDKは、ご夫妻がいつでもお子さまに目が届くように、間仕切りのない広々としたスペースを確保。お子さまも元気に歩きまわっています。キッチンカウンター越しには、タタミコーナーを設け、お子さまの遊び場兼お昼寝の場とすることで、奥様も安心してお料理をすることができます。

階段を中心に配置することで生まれた回遊性の高い動線もポイント。サニタリーを洗面脱衣所からパントリーまで一直線でつなぎ、その動線上に家事室を配置。リビングに来客中でもお客様に気兼ねすることなく家事ができるのでとても便利です。

2階は、主寝室、子供部屋、そしてご主人のご希望だったホビールームを配置。また、共働きのライフスタイルをサポートするアイデアとして、時間を気にせず洗濯物が干せるように、家事室と2階ホールに室内物干しスペースも設けています。

さらにM様邸では、リビングの一面をエコカラットで装飾したアクセントウォールや、吹き抜けと2階まで伸びるスチールの手すりが象徴的な階段、白一色でまとめたシンプルモダンなテイストの総タイル貼りの外観デザインなど、ご夫妻のデザインセンスが家じゅうに反映されています。自由設計の醍醐味を存分に活かして実現したM様邸。使い勝手とデザイン性に富んだ、ご家族の笑顔あふれる素敵なマイホームになりました。

設計のポイント

POINT 01:家事室を中心に家事導線を構成

一人にもなれる空間で、奥様の家事効率も大幅アップ。

POINT 02:家事と子育てを一番に考えた間取り構成

奥様の使い勝手を一番に考えた間取りで家事と子育てがスムーズに。

POINT 03:オシャレな空間を実現!こだわりのマイホーム

「自分たちの思うオシャレな空間を創りたい!」とデザインにこだわりました。

DATA

所在地:岐阜県
家族構成:ご夫妻+お子さま
延床面積:164.50㎡ (49.75坪)
1階=85.75㎡(25.93坪)
2階=78.75㎡(23.82坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成26年3月
工法・構造:SPGモノコック構造(木造軸組)

こだわりの逸品

<リビング階段>
当初からご主人のご要望だったという吹き抜けを設けた階段。モダンテイストのアルミ手すりが印象的です。

オーナー様

子どもの誕生に合わせてマイホームを考え始めたので、新居は子育てのしやすさと家事のしやすさをテーマにしながら、デザイン性にもこだわったプランにしたいと考えていました。外壁タイルや構造、提案力はもちろんですが、一番の決め手は「この人たちなら任せられる」と思えるスタッフに出会えたことです。自分たちのこだわりがつまった大満足のマイホームが実現しました。

家事室を中心に構成! 毎日の家事をスムーズなものにする、女性目線の間取りを採用。

マイホームを新築するにあたり、毎日、家事や子育ての中心となる奥様の使い勝手を一番に考えた間取りにしよう、と話し合ったというM様ご夫妻。毎日の家事をスムーズなものにする、女性目線の間取りアイデアを家じゅうに採用しています。

洗面脱衣所、家事室、パントリーを一直線に結ぶサニタリーは、家事の効率化に一役。「忙しい朝もとても便利です」と奥様もニッコリ。
キッチンまわりが食品のストックやキッチン用品などであふれないように、ゆとりの広さを確保したパントリーを配置。L字に配した可動棚には、サイズの異なる様々なモノを収納できます。
バックヤードの動線上に配置した家事室。「一人でこもりたい時は引き戸を閉めれば個室にもなるので便利です」と奥様。家事の合間の時間を有効活用できます。
洗面脱衣所には、ご家族の着替えやタオルがしまえるサニタリー収納を配置。何かと細々としたモノが集まるサニタリーもスッキリとした空間を保つことができます。
お客様用のメインの玄関をいつでもキレイに保てるように、ファミリー玄関を採用しています。「子どもが大きくなったら、クラブ活動の道具などの置き場にしようと考えてます」と奥様。
共働きということもあり、どうしても室内干しの機会が多くなってしまうというM様邸。2階ホールを室内干しスペースとして活用しています。

のびのびとした子育てを実現するために採り入れた間取りアイデア。

お子さまの誕生に合わせて家づくりを考え始めたM様ご夫妻。家づくりのテーマの一つに子育てのしやすい間取り、というのを掲げていました。お子さまの成長を見守りながら、のびのびと子育てが出来る間取りアイデアを採り入れています。

キッチンから見える位置にタタミコーナーを配置。吊り押入れには、お子さまのお昼寝用の寝具やおもちゃを収納しています。
お子さまが小さいうちは、プレイルームとして活用しているという子供部屋。おもちゃを広げたままにもできて便利です。

ご夫妻のデザインセンスが光る空間構成の数々。

「せっかくのマイホームだから、自分たちが思うオシャレな空間を創りたかった」というM様ご夫妻。お言葉通り、M様邸では各所にご夫妻のデザインセンスが光るにこだわりの空間構成を採り入れています。

ご主人がこだわったというリビングのアクセントウォール。エコカラットで装飾し印象的な空間を演出しています。
エコカラットのアクセントウォールと飾り棚が、ご夫妻の遊び心を感じさせるトイレ。ゲスト用に手洗い水栓を設置しています。
二連の窓が印象的な落ち着いた雰囲気の主寝室。最奥部には、ご夫妻の衣類をまとめて収納できるウォークインクローゼットを配置しています。
ウォークインクローゼットの中は、ステンパイプと可動棚の組み合わせ。「ここだけは遊び心で雰囲気をガラリと変えたかった」と奥様がこだわったクロスが空間を印象的にします。
ご主人のホビールームは、黒のアクセントウォールが印象的な空間。趣味のラジコンづくりにもついつい没頭してしまうそうです。

ページの先頭へ