ひと昔前は、台所やお勝手と呼ばれていたキッチン。昭和31年に公団晴海団地に取り付けられたステンレス流し台が現代のキッチンの原型と言われています。当時は、流し台もガス台も別々のものを組み合わせてつくられており、収納なども、流し台下などの空いているスペースを物置のように使っているだけでした。流し台やガスコンロをはじめ、食器洗い乾燥機や収納ユニットまで一体となった「システムキッチン」が登場するのは昭和40年代後半から。今では新築住宅に欠かせないもっとも重要な設備のひとつとなりました。
 水栓やコンロなど、キッチン各部では機能面で著しい進化を遂げ、近年ではお掃除のしやすさなどにも配慮された新しい素材やデザインが続々登場しています。また、現代の住宅で主流となっている対面式のキッチンなどは、キッチン本体がインテリアの一部として扱われるため、使いやすさだけではなく見た目の美しさも大切な要素となってきました。

 機能性、デザイン性ともに進化するシステムキッチンですが、特筆すべきは多様性。つまり、空間や使い方に合わせて選べる豊富なタイプやスタイルがあるということ。リビングで過ごしているような感覚で家事ができるオープンスタイルや、キッチンそのものをカウンターのように使えるアイランドタイプなど、実に様々な商品があります。このサイズのこのキッチンしかない…、という時代ではないのです。
 今のシステムキッチンは、使いやすさや見た目の美しさだけではない、どんな暮らしをしたいのかという、理想のライフスタイルを実現するためのものなのです。

  お料理をするには、いろいろな調理器具はもちろん、食器や調味料など、多数のアイテムを同時に使います。使いたいものをパッとすぐに取り出せることができると、お料理がグンとはかどりますね。だから、キッチンにとって収納はとっても大切。
 システムキッチンの進化と言えば、やっぱり収納力。シンク下の空いているスペースを使っているだけという、一昔前のシステムキッチンとは比べものにならないほどの収納力が今のキッチンにはあります。それは単に収納量が大幅にアップしたというだけでなく、いかに取り出しやすくしまいやすいかという、使いやすさを追求したアイデアが満載。質、量ともに充実した収納力がお料理のしやすさを実感させてくれます。

ページの先頭へ