家具を変える、カーテンなどのファブリックを変える、インテリアテイストを変える…お家のイメージチェンジの方法はさまざま。でも、お花には他のものにはない、特別な力があります。それは「生きている」ということ。自然の造形だけがもつ美しさが、見る人にパワーを与え、ときには癒してくれるのです。「このお花はどの向きだといちばんキレイに見えるかな?」「どこに飾ってあげると喜ぶかな?」そう考えながら生けることで、驚くほど場所のムードをイキイキとしたものに変えてくれるはず。  
 そして、お家の場所によって家族の過ごし方が変わるように、お花にもピッタリの場所があります。住む人がこれまでより少しだけ幸せに過ごせるお花の生け方って? 難しいテクニックがなくても、花屋さんで1年を通じて手に入る花材で楽しめるお花のコツって?プロのフローリストさんに教えていただきました。  

家族が集まるダイニングテーブル。邪魔にならない、ほどよい大きさにまとめつつ、食欲増進の心理効果のあるオレンジを中心にしたアレンジはいかがでしょうか? フルーツバスケットのアレンジには、レモンとライムをあしらって。果物も竹串を刺して吸水スポンジに挿せば、お花と同じように扱うことができます。 

ページの先頭へ

株式会社新昭和FCパートナーズ(C) 2017 SHINSHOWA FC PARTNERS CORPORATION.