普段はそれぞれのリズムで暮らしながら、
緩やかなふれあいを創出する住まい。

夫婦二人これからの時間を大切に、孫の成長を身近に愛でる住まいにしたい。
忙しい毎日だからこそ、家事も子育ても効率よく安心できる住まいがいい。
そんな両世帯の思いを叶えながらいっしょに暮らすメリットをプラスした、 「円居」コンセプトによるモデルプランをご提案。
クレバリーホームの考える二世帯住宅のひとつの理想がここにあります。

 

自由設計だからこだわれる
「つながり空間」を活かした
心地いい距離感の住まい。

1階に親世帯、2階に子世帯が住まうことを基本に、「つながり空間」としてコートヤードを設けたプランです。普段はそれぞれのリズムで暮らしながら、親世帯が暮らす1階に集う時には、コートヤードを中心に生まれるリビング、ダイニング・キッチン、和室の回遊動線が自然な交流を創出します。また、玄関を共有することで、外出や帰宅時の声掛けや宅配便の受け取りなど、日々のふれあいや暮らしの便利さが生まれる住まいです。

 
日々ゆっくりと流れる、充実した夫婦の時間を過ごしたい。

人生のセカンドステージを満喫する暮らしの中で、 住まいに求められる要素を追求したのが 1階を親世帯ゾーンとするプランニングです。
毎日の生活に必要な空間や設備のすべてがワンフロアに集約された 上下階の移動がないバリアフリーな住環境は、 ご夫婦の新しい時間をマイペースでエンジョイできる 安心で快適な暮らしをサポートします。

 

1階を親世帯ゾーンとしたゆとりある住空間のご提案。キッチンを中心に大型のワンルーム構成でプランニング。

デスクファニチャーを併設したダイニングは、
リビングに並ぶもうひとつのご夫婦の居場所に。

我が家に居ながら陽光と風を感じるコートヤードは、ご夫婦に開放的な時間を演出。

ゲストをお迎えする客間としても活用できる和室は、
伝統美にモダンなデザインを融合したしつらえに。

床の間、タタミ、日本茶。日本人として深い安らぎを覚える和の空間は、心置きなく語り合えるお気に入りの場所に。

 
子育て中心の忙しい毎日、自分たちの時間軸でイキイキと暮らしたい。

これまで育んできた暮らしのリズムを維持しながら、 親世帯がいっしょにいる「安心」を感じて過ごしたい。 そんな、二世帯同居のちょうどいい距離感を創出するために 生活のコアとなるダイニング、キッチン、リビング、寝室を専用に持つプランニング。 キッチンから目の届く位置に設けたデスクファニチャーや、 天候や時間帯を気にせず洗濯できるHOSUピットなど、 イキイキとした子育て家族の幸せが紡がれていきます。

 

陽光と風を誘う明るい2階が子世帯ゾーン。自分たちのリズムで食事ができる専用のキッチンとダイニングをプランニング。

吊戸棚を設けずにオープンな対面キッチンのご提案。
キッチンにいても家族とコミュニケーションがとりやすい開放的なプランです。

キッチンのママに見守られながら安心して勉強できるデスクファニチャーは、お子様のお気に入りの場所に。

朝・夕の食卓は毎日欠かせない対話の時間に。幼稚園や学校での出来事や家族の予定など話題も尽きません。

眺めのいい2階リビング。伸びやかで明るい空間は、
子育てにも良い環境を創出します。

子育て世代は1日に2度3度と洗濯機を回すことも。夜間でも親世帯に気兼ねなく洗濯できるようにHOSUピットをご提案。

 
親世帯が孫と過ごせる幸せ。家族がつながることの豊かさ。

二世帯同居のメリットは、日常生活や子育て環境など、 必要なシーンでお互いが助け合いながら暮らしていけること。 たとえば、両世帯の玄関を共有することで 共働きで帰宅が遅くなりがちな子世帯にとっては、 親世帯に子どもの面倒を見てもらえる安心が生まれます。 また、1階の親世帯のリビングやダイニング・キッチンを 両世帯が集まりやすい広さやレイアウトにすれば、 歳時や誕生日などのイベントも演出しやすくなるでしょう。

 

親世帯のリビングは二世帯が集まりやすいように、ゆとりを持たせたスクエアな空間をご提案。

かけがえのない孫たちと過ごすひと時は、親世帯にとって何よりも嬉しいもの。柔らかなラグを敷いたリビングは様々なスタイルで使えます。

たまの週末や家族の記念日には、親世帯のキッチンを中心に家族が集まります。“お袋の味”を子世帯に伝える良い機会にもなることでしょう。

玄関ホールから先は両世帯の動線を分けることで、各々のプライベートが保たれるプランニングをご提案。

玄関を共有すれば共働きの子世帯も安心。お孫さんの帰宅をお迎えする親世帯の張り合いにもなり、子育て環境も良くなります。

親世帯の主寝室から水まわりを一直線で結んだ動線は、毎日の暮らしやすさに配慮したプラン。子世帯とお風呂を共有することで、お孫さんと親世帯とのスキンシップも深まります。

 
このページの先頭へ