ご夫婦のふれあいと、充実の収納が光る大人の住処。| ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. ご夫婦のふれあいと、充実の収納が光る大人の住処。

建築実例

ご夫婦のふれあいと、充実の収納が光る大人の住処。

新潟県 M様邸

リビングをダイニング・キッチンとセパレートできるようにすることで、メリハリのあるライフスタイルを創出。3枚戸を開け放てば18帖の大空間が出現します。大人数が集まる際に重宝します。
ホワイトを基調とした総タイル貼りの外観デザイン。玄関ポーチのタイルや窓枠、屋根瓦をブラックにすることでメリハリのある雰囲気を演出しています。

高い断熱性能の住まいで、想像以上の快適さを実現。

以前のお住まいが老朽化したことに加え、収納の不便さも感じていたことから、建て替えを決心されたというM様ご夫妻。クレバリーホームの前を通りかかり、等身大のモデルハウスに好印象を持たれたそうです。「間取りもそうですが、対応してくれたスタッフも近い年代で話しやすかったのも良かったですね」と奥様が当時を振り返ります。

ご夫妻が住まいづくりの中で大切にしたのは、充実の収納に加え、一年を通して快適で構造的にも強い家でした。「クレバリーホームは、基本性能の高さはもちろん、メンテナンス性に優れた外壁総タイル貼りなど、私たちにとって理想的でした。また、新幹線の高架が目の前という立地条件なので遮音性の高さにも惹かれました」とご主人が目を細めます。

そんなM様邸で印象的なのは、家じゅうをいつでもスッキリと保つ充実の収納。「以前の家は収納が少なく、モノがあふれていたので、マイホームでは収納はとにかく多く設けたいと思っていました」という奥さまのお言葉通り、シューズクロークを兼ねたファミリー玄関をはじめ、パントリーやサニタリー収納、階段下収納、主寝室に配した大型のウォークインクローゼット、外から使える収納など、使い勝手を考えた適材適所の収納計画が光ります。

間取りについては、普段はリビングとダイニング・キッチンを広々と使い、来客時には引き戸でセパレートし、プライベート空間と分けられるようにしています。さらに、大切なお客様をお迎えするために、独立した純和風の和室も設けました。

2階は、主寝室とお子さまのお部屋といったプライベート空間に加え、納戸兼アイロンスペースの居室、ユーティリティスペースとして重宝するホールなどを配置しています。

最後に住み心地を聞いてみたところ、「冬は寒がりな私でも大丈夫なくらい、家じゅうの温度差も少なくとても暖かいです。それから、遮音性も高いので新幹線の音も気になりません。本当に住み心地は快適です。クレバリーホームにして正解でした。」と話すご夫妻。スッキリとした空間で、ご家族の時間もゲストとの時間も楽しめる素敵なマイホームが完成しました。

DATA

所在地:新潟県
家族構成:ご夫妻+お子さま
延床面積:131.25㎡(39.70坪)
1階=74.94㎡(22.67坪)
2階=56.31㎡(17.03坪)
商品名:CXシリーズ
竣工年月:平成26年9月
工法・構造:プレミアム・ハイブリッド構法

こだわりの逸品

<トイレ>
末永く安心して暮らせるように、トイレをはじめ、玄関、階段などに手すりを設置。床の段差も解消するなど、バリアフリーへの意識の高さが光ります。

オーナー様

等身大のモデルハウスはとても参考になりました。担当してくれたスタッフが近い年代だったというのも良かったです。住宅の基本性能が高いので、住み心地は快適そのもの。一年を通して室内の温度差も少ないので安心して暮らせます。同年代で家づくりを考えている方にもクレバリーホームはオススメだと思います。

片付けやすさや使いやすさを考えた適材適所の収納計画。

生活空間になるべくモノを出さないようにしたい、というご夫妻は、各所に大小様々な収納を設けています。予め片付けやすさや使いやすさを想定して配置しているので、ムダなく効率的にモノの出し入れを行うことができます。まさに適材適所の収納計画といえます。

来客用とは別に設けたファミリー玄関は、ご夫妻の靴はもちろん、雨具などもしまうことができます。「いつでも玄関まわりが片付くので便利です」と奥さま。
ご家族の着替えやタオルなどをまとめてしまえるようにサニタリー収納を配置。洗面脱衣所をいつでも片付いた状態に保ちます。
「冬の間、雪で外出できないときもあるので、食料品のストックをたくさん収納できるように、コの字に可動棚を配置しました」と納得の収納量に奥さまもニッコリ。
キッチンの背面には天井高までの食器棚を配置。収納力抜群なので、食器や調理器具もスッキリと片付きます。
掃除機やモップなど、背の高い掃除道具をしまう場所として、階段下収納を配置しています。
主寝室には壁面収納とは別にウォークインクローゼットを配置。衣類をハンガーにかけてしまえるようにステンパイプで構成しています。
「物置も考えましたが、外観デザインを考えて、建物に外から使える収納を設けました」とご主人。スタッドレスタイヤや雪かき道具などを収納しています。

ふれあいや日々の使い勝手をテーマに空間を構成。

例えば、ご夫婦の自然な会話を育む対面式のキッチンをはじめ、大切なお客様をお迎えする和室やメイクスペースとしても活用している主寝室、アイロンがけスペースとしても重宝している居室など、ふれあいや日々の使い勝手をテーマに空間を構成しています。

対面式のキッチンは、夫婦のふれあいを大切にする奥さまのこだわり。もちろん、食器棚や冷蔵庫の位置なども動きやすいように配置するなど、使い勝手にも配慮しています。
大切なお客様をお迎えする客間として、独立した和室を配置。ご主人こだわりの雪見障子や床の間など、純和風のしつらえが印象的です。襖を開け放てばリビングと一体の空間としても使えます。
落ち着いた雰囲気の主寝室には、メイクスペースとして活用できるデスクファニチャーを設置しています。
一部屋は、納戸兼アイロン掛けスペースとして活用しています。「スペースにもゆとりがあるので、アイロンもかけやすいですし、その場ですぐたためるのも便利です」と奥さま。

ページの先頭へ