MY Cleverlyhome建築実例

家族が自然にふれあいながら
快適に暮らせる我が家。

オーナー様ご家族が実現したのは、外壁総タイル貼りの外観デザインに、「シュフレ」の女性目線の間取りアイデアを採り入れたプランです。

特に効率的な家事動線を実現するために水まわりにもこだわりが。
サニタリーにアイロンがけや洗濯物をたたむ際に使う家事コーナーを配置し、最短距離でタオルや着替えをサニタリー収納にしまうことができます。
また、収納は玄関やリビング、ダイニング、キッチン、各居室、2階ホールなど「しまうモノ、場所」に合わせて計画的に配置されています。
断熱性についても「冬は暖かく、夏は涼しいので快適です」とご夫妻ともに大満足のご様子。
充実のマイホームが完成しました。

point.01家族のふれあい空間

家族のふれあいや使い勝手に配慮した
リビング・ダイニング・キッチン

point.02効率的な家事動線

効率的な家事動線を実現する
多彩な女性目線のアイデア。

point.03個々の時間を過ごす空間

様々な工夫を凝らした
プライベートスペース。

お気に入りに登録する

DATA

所在地:新潟県 / 家族構成:ご夫妻+お子さま
延床面積:115.57㎡(34.95坪) 1階=57.37㎡(17.35坪) 2階=58.20㎡(17.60坪)
商品名:シュフレ / 竣工年月:平成26年3月 / 工法・構造:SPGモノコック構造(木造軸組)

point.01家族のふれあい空間

家族のふれあいや使い
勝手に配慮したリビング・
ダイニング・キッチン

女性目線の間取りアイデアが魅力の「シュフレ」を気に入られたというご夫妻。家族が長い時間を過ごすリビングには、ふれあいや使い勝手に配慮した様々なのアイデアを採り入れています。

「家族が集まる場所だから、なるべく広く空間を取りたかった」と奥様のお言葉通り、一続きにしたリビング・ダイニングはゆとりの広さが魅力です。
リビングに隣接して設けたタタミコーナーは、お子さまの遊び場として活用しています。
ダイニングにスタディコーナーを設置。将来的にはお子さまの勉強スペースになる予定とのこと。吊戸棚や本棚などは、収納としても便利です。

point.02効率的な家事動線

効率的な家事動線を
実現する多彩な
女性目線のアイデア。

洗う、干す、たたむ、といった動作をなるべく効率的にしたい、という奥さまの希望を実現するために、サニタリーを中心に女性目線の多彩なアイデアを採り入れています。

タオルや着替えをスッキリとしまえるサニタリー収納を配置。また、洗濯機の近くには洗剤用の埋め込み収納棚も採用しています。
サニタリーには、アイロンがけをしたり、洗濯物をたたんだりと使い勝手の良い家事コーナーを設置。使わない時は、折れ戸を閉めれば中を隠すことが出来ます。
洗いたての重たい洗濯物を2階に持って上がらなくても良いように、勝手口の先にはサンルームを設置しています。

point.03個々の時間を過ごす空間

様々な工夫を凝らした
プライベートスペース。

プライベートな空間を、ライフスタイルや将来を見据えて配置。中でもご主人専用の書斎や子供部屋に施された、使い勝手や利便性を高める様々な工夫が見どころです。

持ち帰った仕事が出来るように、ご主人専用の書斎を設置。マルチ可動棚なら高さを自由に変更できるので、カバンなどもスッキリ収納できます。
現在は、お子さまの遊び場として使っている子供部屋。将来は可動式収納で二部屋に仕切ることができるよう、2wayワンルームとしています。
キッチン脇に設けた奥様専用の家事コーナー。忙しい朝でも家事の合間にメイクをしたりできるので便利だそうです。

こだわりの逸品

<玄関>

アクセントウォールとニッチが印象的な玄関。土間に設けたシューズクロークには、雪かきの道具や長靴など、濡れたモノでもサッと収納できます。

CLOSE UP

ご主人が当初より希望されていた、メンテナンス性に優れた総タイル貼りの外観デザイン。ブラウンのアクセントと2階の窓の配置が個性的な表情を演出しています。
「バルコニーを設けない代わりに広めの2階ホールを取りました」と奥様。洗濯物が多い時や布団を干す時は2階ホールを活用。ワイヤー式の物干しも設置しています。
家族団らんの中心となるダイニング・キッチンは、対面式のカウンターキッチンに。吊り戸棚をなくすことでさらなる開放感を創出しています。ご家族の笑顔を自然に育みます。

オーナー様

新潟県 S様邸

クレバリーホームは、テレビCMなどで以前から知っていました。メンテナンス性に優れた外壁タイル貼りや女性目線のアイデアを採り入れた「シュフレ」をはじめ、提案力やスタッフの人柄もクレバリーホームを選ぶ大きな決め手になりました。住み心地はとても快適で、子どもものびのびと走り回っています。

このページの先頭へ