南欧風の外観の家|リビング・玄関・間取りアイデアをご紹介
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 南欧のやさしい雰囲気が漂う、20代のご夫妻の感性が光る住まい。

建築実例

南欧のやさしい雰囲気が漂う、20代のご夫妻の感性が光る住まい。

新潟県 O様邸

ご夫妻の団らんの中心となるリビング+畳コーナー。白をベースとした爽やかなコーディネートは、ご夫妻のイメージにぴったりです。
南欧風の爽やかな雰囲気が印象的な外観デザイン。メンテナンスの手間を考えて、瓦屋根と総タイル貼りを採用。玄関ポーチとバルコニーには、種類の異なるタイルをあしらいアクセントとしています。
外観の白ベースのアクセントとして、玄関ドアはダークブラウンをチョイス。ロートアイアンをあしらい、南欧テイストを創出しています。

将来の子育ても見据えた、家事ラクの間取り・動線

結婚と同時に 20代でマイホームを叶えられたO様ご夫妻。家づくりにあたり、ご夫妻はそれぞれ役割を分担することに。「私が内外観の間取りやコーディネート。夫は、構造や住宅性能などを確認することになりました」と奥様。早速、ご夫妻は、クレバリーホームの家づくりをさらに深く知るために、完成見学会や千葉県君津市にある住宅館と新昭和ハウジングパークへと足を運びます。「構造や設備・仕様はもちろんですが、実際の広さや間取りの雰囲気、室温、タイルの品質といった細かいところまで確認できたので、どちらも本当に参考になりました。家を建てる前には絶対に行くべきですね」とご夫妻は口を揃えます。

ご夫妻が実現したのは、奥様がお好きという南欧風のテイストをベースに、共働きというライフスタイルに加え、将来の子育ても見据えた家事ラクの間取り・動線を採用したプラン。キッチンから見わたせる位置に、団らんの中心となるリビング・ダイニング、現在はゲストスペース、将来はお子さまのお昼寝スペースにも活用できる畳コーナーを配置。また、奥様こだわりのグルリとまわれるキッチンやそこから最短距離で水まわりへ繋がる回遊性や利便性に長けた家事動線もポイントです。

その他にも開放感あふれる吹き抜けを採用した玄関ホールや、ダークブラウンで落ち着いた雰囲気を演出した主寝室、奥様のドレッサーとしても使用しているデザインにこだわった洗面化粧台など、センスを感じさせる空間演出も光ります。「スタッフのみなさんのおかげで、希望がすべて叶った、理想の家が完成しました」とご夫妻とも大満足のご様子です。

DATA

所在地:新潟県
家族構成:ご夫妻
延床面積:121.72㎡(36.81坪)
1階=64.59㎡(19.53坪)
2階=57.13㎡(17.28坪)
商品名 :CXシリーズ
竣工年月:2013年4月
工法・構造:SPGモノコック構造(木造軸組)

こだわりの逸品

<玄関>
縦への開放感を演出する吹き抜けを配した玄関。正面には、家具のような階段の化粧手摺りが家族やゲストを迎えます。

オーナー様

クレバリーホームはインターネットで知りました。口コミの評価も良かったので、モデルハウスを見学に行ったら、建物もスタッフの雰囲気も好感触でした。また、地震や台風に強い構造をはじめ、次世代省エネルギー基準を満たす気密性・断熱性、メンテナンスコストを抑える屋根瓦、外壁総タイルなど、充実の住まいが、手の届く価格で実現できたので良かったです。

南欧風をベースにした共働きというライフスタイルと将来の子育てを見据えたプラン。

共働きのO様邸では、効率的な家事をこなせるよう、水まわりの動線をコンパクトにまとめています。また、将来の子育てを見据えて、ワンルーム構成のLDK+和室を配置しています。

南面の開口から優しい陽射しが降り注ぐリビングには、子育てのしやすい間取りの工夫として、最奥部に畳コーナーを設置。女性目線のアイデアが光ります。
リビングに隣接する畳コーナーは、LDKのアクセントやゲストルームとしてはもちろん、キッチンから目が届くので、将来お子さまのお昼寝スペースとしても重宝します。
グルリと360度回れる回遊性の高いキッチン。リビング側の面にモザイクタイルをあしらい、カフェのような雰囲気を演出。飾られた小物が空間にゆとりをもたらします。
脱衣所には、目隠し付きのサニタリー収納を配置。タオルや着替えなどをまとめて収納しています。
将来の子供部屋になる居室は、通風・採光を考慮して多面採光としています。現在は、室内物干しスペースとして活用しています。

南欧風の外観に合わせ色やデザインにこだわった空間構成の数々

雑貨店めぐりがお好きな奥様のセンスが光る、色やデザインにこだわった空間構成の数々。お気に入りの空間は、毎日の暮らしごこちにさらなる快適をもたらします。

カフェのようなイメージでコーディネートされた、ダイニング・キッチン。ダイニングの照明や壁の飾り棚は、奥様がご自身で選ばれたもの。南欧風の雰囲気が印象的です。
ゲストが洗面化粧台を使う際、脱衣所に入らなくてもいいように、独立して配置。モザイクタイルや木調を採用するなど、デザインにもこだわっています。
奥様のドレッサーとしても使われる洗面化粧室への入口は、アールで仕上げて特別感を演出。
「寝室は落ち着いた雰囲気にしたかったんです」とご主人のお言葉通り、ダークブラウンを基調とした空間が印象的。ウォークインクローゼットも収納力もあり大変便利です、とのこと。

ページの先頭へ