将来まで見据えた、子どもの成長を見守れる家。 | ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 将来まで見据えた、子どもの成長を見守れる家。

建築実例

将来まで見据えた、子どもの成長を見守れる家。

兵庫県 K様邸

キッチンにいても、家族の行動が一目でわかるオープンスタイルのキッチン。目の届く位置に将来的なお子様の成長を考えて階段やスタディコーナーを配置しています。
片流れと切妻のルーフラインやクリアなバルコニー手すりが、シンプルでモダンな雰囲気を醸し出すK様邸。「白い家が希望でした」というご主人のお言葉通り、二種類のホワイト系のタイルを貼り分けた総タイル外壁です。

子育てが中心の間取り。ご主人のこだわりも。

片流れと切妻のルーフライン、2種類のタイルをあしらった総タイル貼りの外壁。上品な雰囲気を醸し出す、シンプルモダンの外観デザインが印象的なのは、兵庫県にお住まいのK様邸です。もともとメンテナンスや意匠性に優れたタイル貼りの住まいがご希望だったK様邸は、多彩な種類から選べるというところに魅力を感じ、クレバリーホームを選ばれたと言います。

また、自由設計もポイントだったそうで、K様邸ではお子さまの成長を見守れる家、をテーマに間取りづくりを進められたそう。そんなK様邸が叶えたのは、キッチンからリビング・ダイニング、和室までが見渡せる間取りがベース。「子どもが歩くようになって、ますます目が離せなくなってきたので、キッチンで家事をしていても目が行き届くような間取りにしたい、とお願いしました」と奥様のご要望通りの空間が広がります。

その他にも、ファミリー玄関やリビング階段、階段下や壁面のデッドスペースを有効活用した収納など、お子さまがいてもいつでもスッキリと片付いた空間で生活できるよう、様々なアイデアが施されているのも特長です。二階に足を運ぶと、「将来、子どものホビースペースにする予定」というホールが広がり、左右には子供部屋や主寝室が配されています。

さらにK様邸では、間取り以外にも電気配線のお仕事をされているご主人がこだわった照明も見どころ。温かみのある電球色をベースに、ファミリー玄関やリビングのアクセントウォール、主寝室には間接照明を採用。手元に灯りが欲しいキッチンや子供部屋は白色にするなど、プロならではの細やかな配慮とアイデアが光ります。ご夫妻のこだわりが隅々にまで反映されたK様邸。住み心地についても「とても快適です」とニッコリ。大満足のご様子です。

DATA

所在地 :兵庫県
家族構成 :ご夫妻・お子様1人
延床面積 :143.00㎡(43.25坪)
1階=73.00㎡(22.08坪)
2階=70.00㎡(21.17坪)
商品名 :CXシリーズ
竣工年月:2012年10月
工法・構造:SPGモノコック構造(木造軸組)

こだわりの逸品

<主寝室>
梁を見せた勾配天井が、開放感を創出する主寝室。奥には、ウォークインクローゼットと書斎が配置されています。

<書斎>
主寝室の一角に配置された書斎は、ご主人専用のスペース。適度な個室感も生まれご主人も大満足のご様子です。

オーナー様

千葉県君津市にある、クレバリーホームの家づくりがわかる「住宅館」や最新のモデルハウスが建ち並ぶ「新昭和ハウジングパーク」では、タイルや建具、構造はもちろん、地震体験、体験宿泊など、細部にいたるまでチェックできたので、とても参考になりました。大変なこともありましたが、大満足の家が出来上がりました。

子育てのしやすさを優先した間取り。

ワンルームタイプのLDK+和室をはじめ、スタディコーナーやリビング階段、2階ホールなど、奥様のご要望で、「子どもの成長を見据えた子育て」が実現できる間取りを実現しています。

家族団らんの中心となる広々としたリビング。テレビの背面にはエコカラットをあしらったアクセントウォールが。上質な空間を印象付けます。
お子さまのお昼寝スペースや遊び場としても重宝しているという和室。LDKに面した襖を閉じれば個室にもなります。
ホビースペースや室内物干し場としても使えるように、ゆとりの広さを確保しています。
子供部屋は、お子さまが小さいため、今はプレイルームとして活用しています。

いつでもスッキリとした空間を保つアイデア。

お子さまの成長とともに、モノも自然に増えていきます。そこで、いつの時代もスッキリとした空間で暮らせるように、K様邸では随所にアイデアを施しています。

玄関は、メインの玄関をいつでもスッキリとした状態に保てるように、家族用の動線と2WAYに。正面のニッチには、アクセントとしてエコカラットをあしらっています。
可動棚とステンパイプのコンビネーションで、使い勝手をアップした玄関収納。土間仕上げなので、汚れや濡れにも強く置くモノを選びません。
キッチンには、背面収納を採用しています。「適度な奥行きもありとても便利です」と奥様。

ページの先頭へ