デザイン、性能、動線、収納etc・・・。家族の理想がすべて実現! | ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. デザイン、性能、動線、収納etc・・・。家族の理想がすべて実現!

建築実例

デザイン、性能、動線、収納etc・・・。
家族の理想がすべて実現!

茨城県 A様邸

軽やかなピアノの旋律に乗せて、家族団らんの楽しい時間が流れます。家族が集まる間取りの中心に相応しく、リビング階段やリビング収納、床暖房など、採用された充実の仕様も魅力です。
総タイル貼りとS瓦のエレガントな雰囲気が印象的なA様邸の外観デザイン。妻飾りのロートアイアンやフラワーボックスは、奥様がご自身で発注されたというこだわりのポイントです。

クレバリーホームは他社と比べて、予算内で叶うことが多かった。

「自由設計や総タイル貼り、高気密・高断熱など、予算内で叶うことが他社より断然多く、家づくりへの希望もいちばん親身になって聞いてもらえたのがクレバリーホームでした」とお話しくださったのは、茨城県にお住まいのA様ご家族。
実現したのは、外壁総タイル貼りにS瓦を採用した重厚かつエレガントなプロヴァンススタイルの外観デザインをはじめ、1階はリビングを中心にダイニング・キッチンや和室を配置。特にこだわったというキッチンは、奥様の動きやすさを考えてL型を採用し、スタディコーナーとしても使えるようにカウンター付きの対面式としました。また、キッチンから続く家事室は、パントリー兼アイロンスペースとして活用されているそうです。

2階は階段を中心に各部屋を配置。広々としたホールは、お子様たちの遊び場に。その奥のバルコニーに続く動線上には、室内物干しを兼ねたサンルームが配置されています。さらに「いつでもモデルハウスのようにキレイな室内を保ちたい」と、土間収納を兼ねた家族用玄関をはじめ、階段下収納や大型の小屋裏収納など、収納力もアップしています。最後に、次世代省エネ基準をクリアする気密・断熱性能もポイント。「少しの冷暖房で快適に過ごせます」とご夫妻。ますますその快適な住み心地を実感されているようです。

DATA

所在地 :茨城県
家族構成 :ご夫妻・お子様3人
延床面積 :191.75㎡(58.00坪)
1階=99.75㎡(30.17坪)
2階=92.00㎡(27.83坪)
商品名 :V-rmシリーズ
竣工年月:2011年4月
工法・構造:SPGモノコック構造(木造軸組)

こだわりの逸品

<図書コーナー>
階段の途中に設けられた図書コーナーは、ご主人のホビースペースとしてはもちろん、ご家族のパソコンスペースとしても活躍しています。

<小屋裏収納>
階段を上ると、7.2帖の小屋裏収納があり、ご家族の写真や書籍、賞状などが置かれたファミリーギャラリーとしても活用されています。

オーナー様

ネームバリューに左右されることなく、自分たちのイメージをカタチにしてくれるハウスメーカーを選べたことは大きかったですね。それから、口頭では伝えにくいイメージは、撮りためた写真や切り抜きを用意して伝えました。住み始めてから現在まで、どこにも不満はありません。家族みんなでとても快適に暮らしています。

キッチンも家族のコミュニケーションの場と考える。

奥様の使い勝手にこだわったキッチンは、お料理をする場所としてだけでなく、家族とのコミュニケーションを育める場所としても様々な工夫を凝らしています。

動きやすさを考えたL型のキッチンは、奥様のこだわり。IHクッキングヒーターや食器洗い乾燥機、食器棚などの使い勝手も良いようです。
「子供たちが自然にお手伝いをしてくれるようにワークエリアの広さも広めに確保しています」と奥様。このキッチンになってから、お子さまたちもお手伝いの機会が増えたそうです。
キッチンカウンターにスツールを置いて、軽い食事もできるようになっています。また、お子さまのスタディコーナーとしても活用されているそうです。

家事ラクや家族・ゲストへの配慮が光る、女性目線のアイデア。

メインの玄関とは別に家族用の玄関を設置。土間仕上げなので、アウトドア用品なども汚れを気にせず収納することができます。
ゆとりをもたせた広さが魅力の玄関ホールの正面にはニッチを設置。ご家族やゲストを華やかな雰囲気でお迎えします。
キッチンに隣接して配置された家事室は、奥様の専用スペースとしてはもちろん、パントリーや急な来客時の荷物置き場としても重宝されているそうです。
ゲストが来た時に、お化粧直しなどもできるように、ミラー付きの水栓を設置。また、清掃性を考えて、トイレとサニタリーの床材はフロアタイルを採用しています。
LDKと廊下を挟んで独立させた和室は、大切なお客様をお迎えするのに最適な空間。また、ご家族も「ここで寝起きすると、旅館に来たみたいです」と間取りのアクセントにも一役。
ホールの最奥部にはサンルームを完備。「雨天や外出時の物干し場としても重宝しています」と奥様もニッコリ。

ページの先頭へ