子育てや家事ラクのアイデアを施した、女性目線の住まい。 | ハウスメーカー クレバリーホーム - cleverlyhome -
  • ページの先頭へ
  • 資料請求
  1. HOME
  2. 建築実例
  3. 子育てや家事ラクのアイデアを施した、女性目線の住まい。

建築実例

子育てや家事ラクのアイデアを施した、
女性目線の住まい。

福島県 K様の家

開口部から陽射しが降り注ぐ明るいLDK。のびのびと子どもを育てたいと話すK様邸を象徴する間仕切りのないオープンな空間が印象的です。
真っ青な空を指すように伸びるルーフラインをはじめ、連窓のファサードサッシ、玄関ポーチにあしらった外壁タイルなど、周囲との調和を図りながらも個性を感じさせる外観デザインが印象的。

間取り、収納、動線・・・。長く快適に暮らせる家を目指しました。

将来まで安心して暮らせて、のびのび子どもたちを育てたい、そんなコンセプトで家づくりに取り組まれたというK様邸。実現されたプランについて聞いてみると「LDKはオープンにしてくださいとお願いしました。それから、子どもたちが上下階を行き来したり、和室でお昼寝したり、宿題をするときも見守れるように、和室や階段をリビング内に配置してもらい、ダイニングにスタディコーナーを設けました」と奥様。

さらに、K様邸ではスムーズな家事動線を実現するために、キッチン、パントリー、サニタリーを一ヶ所に集中してレイアウトするなど、女性目線のアイデアが光ります。さらに、パントリーには一工夫。「物置を設けたくなかったので、パントリーを広くとり、一部を土間仕上げにしました。収納力抜群なので、まとめ買いした食料品はもちろん、外で使うモノも何でもしまうことができてとても便利です」と奥様も大満足のご様子です。

その他にも、外壁タイルや3連のスリットサッシが印象的なご主人こだわりの外観デザインもご家族の爽やかなイメージにぴったりな仕上がりを見せています。子育てや家事など、毎日のことを考えて間取りや動線を創り上げたK様邸。素敵な笑顔から、快適な住み心地がうかがえます。

DATA

所在地 :福島県
家族構成 :ご夫妻・お子様2人
延床面積 :161.00㎡(48.69坪)
1階=81.00㎡(24.50坪)
2階=80.00㎡(24.19坪)
商品名 :シュフレシリーズ
竣工年月:2009年5月
工法・構造:SPGモノコック構造(木造軸組)

こだわりの逸品

<子供部屋>
2ドア1ルームの子供部屋には、可動式収納を採用していますので、お子さまの成長に合わせて自由に空間を間仕切ることができます。上部にはロフトも配しています。

<主寝室>
毎朝、爽やかに目覚めたいと多面採光を採用した主寝室。また、勾配天井にすることで、抜群の開放感を演出しています。

オーナー様

「住宅メーカーをあちこち見てまわった中で、子育て家事ラクのアイデアに共感できたのが、クレバリーホームのシュフレでした。自分たちの予算の中で、ゆったりと暮らせる納得の広さの家が建てられたので、本当に選んでよかったと思いました。また、家づくりに携わってくださったスタッフの皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。」

のびのび子育てを実現する、アイデアの数々。

お子さまをのびのび元気よく育てたい、とご夫妻が実現されたのは、家族が自然にふれあえるしかけを採り入れたアイデア満載の間取りです。

隣接する和室も引き戸を開け放てば、キッチンからしっかりとお子さまに目が行き届きます。奥様も「安心して家事に専念できます」とニッコリ。
家族のふれあいや自然な会話を大切にしたいと、K様邸ではリビング階段を採用しています。LDKにいれば、声や物音でさりげなく2階の気配も感じ取れるそう。
2階のホールは共有のファミリースペースとして有効活用。パソコンや本などが置かれ、家族のふれあいはもちろん、知識の共有にも一役です。

いつでもキレイな空間を実現する充実の収納。

K様邸は、ご家族4人でも驚くほどにスッキリと整頓されて住まわれています。その理由は、使い勝手にこだわった収納にありました。

食品庫としてだけでなく物置としても使いたかった、というパントリーは、空間の半分を土間仕上げに。勝手口を設けて室内を通らなくても外使いのモノをしまえる工夫を施しています。
メインの玄関とは別に、土間仕上げのシューズクロークを配置。ご家族の靴以外にも雨具や遊具なども汚れを気にすることなくしまえて便利だそうです。

ページの先頭へ